6本〜送料無料 クロ デュ マルキ 2009 メドック格付第2級 AOCサン ジュリアンClos du Marquis 2009 AOC Saint Julien 赤 ワイン 格安,正規品

P.P 93Point Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ サン・ジュリアンの王!レオヴィル・ラス・カーズのセカンドワイン! 【シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・バロン】、【シャトー・コス・デス・トゥルネル】らと肩を並べスーパーセカンドの代表格、メドック格付け第二級の【レオヴィル・ラス・カーズ】は時には5大シャトーをも上回ります。 40haを超えるメインの畑は、5大シャトーの一つである【シャトー・ラトゥール】と面しており、非常に恵まれたテロワールなんです。 また、その名声や恵まれたテロワールに甘えずブドウ栽培、ワイン造り、細部に至るまで、情熱を持って丁寧に何よりも努力を忘れず造られていることもワインファンの心を捉える秘訣かもしれません。 2006年ヴィンテージまではメドック格付け2級の【レオヴィル・ラス・カーズ】のセカンドワインとされていましたが、現在ラス・カーズに使われている区画の外側にある独立した区画のブドウと、ラス・カーズには使用出来ないと判断されたラス・カーズ区画のブドウから造られていました。 しかしながら2007年よりラス・カーズ区画のブドウから【ル・プティ・リヨン・ド・マルキ・ド・ラス・カーズ(Le Petit Lion du Marquis de Las Cases)】 という名前の真のセカンドが造られる事になり、こちらは独立したワインとなりました。侯爵(=マルキ)の畑という名前の由来である専用の畑で、ラス・カーズとは全く別の性格を持し、 セカンドでなくなった今でもドゥロン家の所有のシャトーとしてリリースされています。 「周囲のレオヴィル・バルトン、ポワフェレ、タルボらと同じまたはそれ以上のワインでありサン・ジュリアンのテロワールの典型を表現する別のワインなのです」 と現在のオーナーであるユベール・ドゥロン氏は公言しています。また、ロバート・パーカー氏からも優良の年にはメドック格付け4級あるいは3級並み だと評価されていることから、その実力は間違いなしです!! 【限りなく1級に近い】と賞されている【レオヴィル・ラスカーズ】は、『特別なことをしなくてもテロワールが良ければいいワインが出来る』というお手本のようなシャトーなのです。 本家のラス・カーズにとって1986年は20世紀に造られた中で間違いなくトップ3に入る素晴らしいワインを生み出した年でしたが、もちろん当時セカンドだったこのワインも特筆すべき資質を備えています。ラス・カーズゆずりのエレガントな舌触り、完熟した果実から生み出された深みと奥行き、味わいの各要素は完璧な調和を見せており、偉大なボルドーというに相応しいワインです。既に飲み頃を迎えており、この先10年は楽しめるポテンシャルを秘めています。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー地方 / メドック地区 / サンジュリアン村 / メドック格付け第2級 / セカンドワイン ●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 モトックス 【ワイン通販】【通販ワイン】 【赤 フルボディ】 【AOC サンジュリアン】 【メドック グラン クリュ クラッセ】 【メドック サンジュリアン】 【カベルネ ソーヴィニヨン】 【ソーヴィニョン】 【デュロン家】 【格付 サンジュリアン】 【サンジュリアン 赤 辛口 】 【クロ デュ マルキ 】 【ラスカーズ セカンド 】 【フランス 】 【ボルドー 】 【サンジュリアン】 【サン ジュリアン 】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Clos Du Marquis クロ・デュ・マルキ クロ・デュ・マルキ メドック格付第2級 AOCサン・ジュリアン 「シャトー・レオヴィル・ラスカーズ] セカンド・ラベル Clos du Marquis Second wine AOC Saint Julien サンジュリアンの極上シャトー!!人気・実力共にナンバーワンのスーパーセカンドです! メドック地区・サンジュリアン村にある、人気の「レオヴィル3兄弟」の一つです。かつて同じ畑だったレオヴィルが3分割されたのですが、当時の所有者の名前にちなんでこのラスカーズの名が付けられました。 ラスカーズは、常に“メドック1級並みの品質をもつ2級”という意味の「スーパーセカンド」の筆頭として挙げられ、サン・ジュリアン村で最も高い評価を受けています。 主要な畑は有名な1級シャトー【ラトゥール】に隣接し、ラベルにも描かれているトレードマークのライオンが座った門と、石垣に囲まれています。ジロンド川によって運ばれた砂利が堆積した、水はけの良い土壌を生かして、主にカベルネ・ソーヴィニヨンが栽培されています。 ワインは、サンジュリアンの中では最も色が濃く、飲み頃になるまでに10〜15年の年月が必要と言われる晩熟タイプ。サンジュリアンは“ポイヤックの力強さとマルゴーの繊細さを併せ持つ”と評されますが、このワインはややポイヤック寄りの、個性の強い味わいです。タンニンがたっぷりあり、ボリュームがあり、凝縮感もあり、1級のものに引けをとらないほど深遠なものに仕上がっているのです。 前オーナーのミシェル・ドゥロン氏は、80年代、90年代と、メドックで最も偉大と言われるワインを造り続けました。彼は、ボルドーでも有名な完璧主義者で、86年のようなグレート・ヴィンテージの年でさえ、収穫量の50%以上を格下げしてしまったほど品質にこだわり続けました。近年は、彼の息子が跡を継ぎ、こだわりのワイン造りを行っています。たとえば、ブドウの樹の植替えには全て「マサル・セレクション」 という方法をとっています。これは、畑の中から優れたブドウの樹を選別し、その枝から苗を育て台木に接ぎ木する方法で、非常に手間の掛かる作業です。 また、石壁に囲まれたラスカーズの中心の畑から採れたブドウで作ったワインであっても、ラスカーズの品質に満たないと判断された時には、決してブレンドには加えることはありません。平均すると、生産量のわずか「30%」しかラスカーズにならないという、非常に厳しい基準があります。 ■ロバート・M・パーカーJr. 【ボルドー第4版】より レオヴィル・ラス・カーズは疑いもなく偉大な名前であり、偉大なボルドー・ワインの1つである。40haを超える主要な畑はラトゥールに隣接しており、絵のように美しい。石垣に囲まれており、ワインのラベルにも描かれている。ボルドーでも最大級のシャトーで、ワインの品質にかける入念さや熱心さの点では、並ぶものこそいくつかあるにせよ、どこにも負けていない。責任者は故ミシェル・ドゥロンだったが、近年は、彼の息子であるジャン=ユベールが務めている。ミシェル・ドゥロンは気位の高い男で、尊敬を集めていたが、同じくらい軽蔑もされていた。 完璧主義者であったが、彼を批判する人々は、そしてその数は多いのだが、彼が策略をもってワインを売ると主張する。その主張によれば、偉大なヴィンテージには出し惜しみをしてささやかな量しかつくらず、人為的に価格をつり上げていたと言うのである。もっとも、その華麗な品質にけちをつけることは誰にもできまい。彼のワインは、サン=ジュリアンのみならず、メドック全体で最上のワインを造ろうというマニアックな執念の産物ばのである! 1986年のような豊作のヴィンテージに収穫高の50%以上を、あるいは1990年のように67%という驚愕すべき量を格下げしてしまう人物がほかにいるだろうか? セカンド・ワインだけでなくサード・ワイン(ビニャルノン)をも導入する人物は? 空調のきいたシェ(ワイン蔵)に気前よく大理石の床を敷く人物は? 彼が好きか嫌いかはともかく、ミシェル・ドゥロンは補佐役に有能なミシェル・ロラン(リブヌルのエノロジストではない)やジャック・ドポワジエを従えて、1980年代、1990年代のメドックで最も偉大なワインの1つをつくり続けた。その息子も父親の方針を踏襲するにとどまらない能力を持っているようだ。 第二次世界大戦後のワインにはムラがあったが、1975年以後は連続して成功を収め、2000年、1996年、1995年、1994年、1990年、1986年、1985年、1982年、1978年、1975年のようなヴィンテージには完璧に近いワインが生まれている。事実、これらのヴィンテージでは、メドックの第一級シャトーのほとんどと同じくらい深遠なワインとなっているのだ。 サン=ジュリアンにおける主要なライバルであるデュクリュ=ボーカイユーと比較すると、レオヴィル=ラス・カーズのワインは、色合いがわずかに暗く、よりタニックで、よりスケールが大きく、より凝縮味がより強く、言うまでもなく長期の貯蔵を念頭に置いてつくられている。伝統的なワインであり、適度な飲み頃になるまで10〜15年待てるだけの忍耐力を持ち合わせた事情通向けのワインである。ボルドーの1855年の格付けが見直されるようなことがあったら、レオヴィル・ラス・カーズは、デュクリュ=ボーカイユーのように、今ひょっとするとレオヴィル・バルトンやグリュオー・ラローズも一級への昇格が熱心に支持されることだろう。 〜一般的な評価〜 レオヴィル・ラス・カーズは文句なしにサン=ジュリアンの王であり、ボルドーでも数少ない、毎年無条件で買うことのできる格付けシャトーの1つだ。一貫して一級並みの品質となっており、1980年代、1990年代の成績は注目すべきものだった。最近ではよりエレガントなスタイルに向かうようになっているが、特徴的な豊かさ、深み、構造、完璧に近いつりあいを保っている。サン=ジュリアンでは最も高価なワインだが、それでも価格は許容範囲内にとどまっている。投機家好みのワインではないのでオークションで見かけることはめったにないが、消費者のレベルでみれば、一級ワインほど高価ではないのに品質はしばしば一級相当である。セカンド・ワインのクロ・デュ・マルキも優良であり、最良のヴィンテージには三級や四級のワインに引けをとらない。 平均年間生産量:21万6,000本 畑 面積:97.2ha 平均樹齢:30年、植樹密度:8,000本/ha、平均収量:42〜50hl/ha 育成:発酵とマセレーションは温度管理された木製、コンクリート、ステンレスの槽で12〜20日間。熟成はヴィンテージによって新樽50〜100%で12〜24ヶ月。清澄はするが、濾過はしない。 ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 所有者:SCデュ・シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(ドゥロン家)

6本〜送料無料 クロ デュ マルキ 2009 メドック格付第2級 AOCサン ジュリアンClos du Marquis 2009 AOC Saint Julien 赤 ワイン 格安,正規品 —— 8,000円

6本〜送料無料 ラ ダム ド モンローズ 2014 メドック格付第2級 AOCサンテステフ セカンドワイン La Dame de Montrose 2014 AOC Saint Estephe 赤 ワイン SALE,送料無料

Chateau Calon Segur シャトー・カロン・セギュール サン・テステフのシャトー・ラトゥールの異名を持つメドック格付け第2級シャトー・モンローズのセカンドワイン。 メドックでも特に最高の立地とされる、ジロンド河のすぐ側に位置するシャトーに数えられる、シャトー・モンローズ。かつては、同じサン・テステフに位置する人気シャトー、カロン・セギュールの領地の一部だったこの土地は春になると丘一面にヒースの花が咲き乱れピンク色に染まっていたことから、【バラ色の山(=モン・ローズ)】と呼ばれるようになり、それがシャトーの名前となりました。1896年〜2006年まではシャルモリュ家が所有し一貫した家族経営で一時代を築き上げ、2006年以降はフランスのメディア王として知られる【マルタン・ブイグ氏】買収。シャトー・オー・ブリオンの元支配人ジャン・ベルナール・デルマス氏に続いて、ムートン・ロスチャイルド元社長のエルヴェ・ベルラン氏が支配人となり、 大幅な投資を実施したことによりその品質はさらに向上しています。 ワインの特徴は「力強く長期熟成に向く」重厚な造り。一時期(1970年代後半〜1980年代前半)軽いスタイルに変わったことはあったものの、80年代後半以降は常に「サン・テステフのラトゥール」と呼ばれるほど濃厚で力強くい長期熟成型のワインを造り、愛好家たちの心をつかんできました。そのクオリティに関しては、ロバート・パーカー氏も「格付けが見直されることがあれば、モンローズはメドックの一級に格付けされるかもしれない。」 (『ボルドー第四版』より)と賞賛するほど。ヴィンテージに左右されない安定感と重厚なスタイルが昔風のクラレット(ボルドーワイン)ということで、特にボルドーワイン好きとして名高いイギリス人からの評価が高いシャトーとして知られています。 こちらのラ・ダム・ド・モンローズ(モンローズの貴婦人)と名付けられたこのワインは、モンローズのセカンドラベル。1986年からリリースされており、1944年から1960年までシャトーの経営を一手に担っていたイヴォンヌ・シャルモリュー女史へのオマージュとして名づけられています。ファーストラベルと同様の畑、醸造法で仕込まれるほか、ファーストが新樽比率60%で18か月熟成されるのに対し、セカンドワインのラ・ダム・ド・モンローズは新樽比率30%で12か月熟成されます。メルロ比率がファーストラベルより高いのも特徴で、生産量もファーストの約半分という稀少なワインです。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー地方 / メドック地区 / サン・テステフ村 / メドック格付第2級 / セカンド・ラベル ●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン57%、メルロ37%、カベルネ・フラン、プティ・ヴェルド6% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Chateau Montrose シャトー・モンローズ Chateau Montrose メドック格付第2級 AOCサンテステフ シャトー・モンローズ AOC Saint-Estephe Grand Cru Classe 「サンテステフのラトゥール」とも呼ばれる力強さを秘めたワイン!ボルドーの格付け2級サン・テステフ村の由緒あるシャトー『シャトー.モンローズ』。同じ村で同格付けの『シャトー・コス・デストゥールネル』の良きライバル。 ロバート・パーカー氏は満点★★★★★5ッ星生産者「モンローズはサンテステフで最も信頼できる格付シャトーであろう。最近のヴィンテージはいちばんのライバルであるコス・デス・トゥルネルとカロン・セギュールをしのいでいる。カロン・セギュールの品質が向上しているにもかかわらずだ。」と高評価! メドックの主要地区で最北部にあるサンテステフの中で、常に最上のワインを造ってきているのがシャトー・モンローズです。かつて、その土地がヒースに覆われた荒野だった頃、開花すると一面が薔薇色に染まったことから、モン(山)ローズ(薔薇)と名付けられました。 畑は、眼下にジロンド川が見渡せる高台にあり、寒い時期にも川の反射熱により暖かく保たれるため、春先の霜の害も受けにくくなっています。また、砂利の下に石灰を多く含む粘土層があるという特殊な土壌も、上質のメルローを生み出すことに一役買っているのです。このため、メドック地区よりも右岸のワインが高く評価されるような年であっても、シャトー・モンローズは高く評価されることが多いのです。 ワイン造りに関しては、いたって伝統的な手法を守っています。流行の手法など「試したこともない」といいます。立地条件と土壌の良さを信頼している証拠だと言えます。 【シャトー・ラトゥール】と並んで、“最も晩熟なワインの一つ”とされていましたが、1970年代後半から、カベルネ・ソーヴィニヨンの比率を減らして、メルローを増やし、従来よりも軽いスタイルへと変えていきました。しかし、1986年以降は、再びモンローズらしい力強いスタイルに戻し、まさに“超大作”とも言われるワインを生み出してきています。 年によっては、1級シャトーと同格、もしくはそれを超える評価をされ、50年の熟成にも耐えるモンローズのワイン。是非、オールド・ヴィンテージのワインでその実力を確かめてみてください。 ■ロバート・M・パーカーJr. 【ボルドー第4版】より > モンローズはメドックで最も地の利に恵まれたシャトーのひとつであり、セラーに関してはこのコミューンで最も欠点のない、清潔でよく管理されたものである。モンローズといえば、長年、安心して飲めるようになるまでに何十年間も寝かせなければならない、巨大で濃密で力強いワインとして知られてきた。たとえば1982年に、かつてのボルドーのCIVBの会長ジャン・ポール・ジョフレが、私にブラインド・テイスティングで年代を当てろと言って1908年もののモンローズを注いでくれたことがある。そのワインは十分に生き続けていて、少なくとも30年は若く感じられたものだ。 シャトーの所有者、物腰の柔らかなジャン=ルイ・シャルモリュは、濃密で耐えがたいほどタンニンの強いワインはもはや消費者に好まれないと見て、モンローズのスタイルを明らかに軽くしたことがあった。スタイルの変化は1970年代後半と1980年代前半に特に顕著で、カベルネ・ソーヴィニョンやプティ・ヴェルドの代わりにメルローが多くブレンドされるようになったのである。しかし、モンローズのファンはこの「新酒」のスタイルを歓迎しなかった。そこで1986年以降、モンローズは、1975年以前のヴィンテージを思わせる、より力強い、筋肉質なスタイルに逆戻りした。 モンローズの1989年と1990年のヴィンテージからは、確かに、1961年以降見られなかった本当に飛び上がるようなワインが生み出された。モンローズの最も偉大なヴィンテージ、1953年、1955年、1959年、1961年、1964年、1970年を味わう喜びを知ったら、誰でも、モンローズが「サンテステフのラトゥール」の名に恥じない重々しいワインの一群を生産してきたのは間違いないと認めることだろう。モンローズのワインが特に強かったのは1953年から1971年までと、1989年から現在まで。この期間につくられたワインは、普通メドック北部で生産される最上のワインの中に数えられる。 サン・テステフを訪れると、ジロンド河を望む壮大な景観に恵まれた高台に、モンローズの質素なシャトーがある。1986年以降シャルモリュ家の所有となったこのシャトーは、ぜひ訪れてみるべき場所である。古い巨大な開放型のオークの発酵槽と人目をひく新樽セラーを備えたすばらしい発酵所(キュヴェリー)がある。また、隣人の多くと同様、シャトー・モンローズには新しい、最先端の試飲室とレセプション・エリアもある。 平均年間生産量:34万本 畑 面積:68ha、平均樹齢:33年、密植度:9,000本/ha、平均産出量(過去5年間):45hl/ha 育て方:ブドウは手摘み。醸造法は伝統的なもの。発酵は21〜25日間。木の発酵槽とステンレス鋼の発酵槽を生み合わせて使用。最高温度は30〜32℃。できる限りの色とタンニンを抽出するため、もろみの循環作業(ルモンタージュ)は頻繁に行われている。熟成はオーク樽で19ヵ月間。新樽は35%。卵白で清澄処理され、澱引きは6回。瓶詰め前の濾過処理はない。 ブレンド比率:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロー25%、カベルネ・フラン10%

6本〜送料無料 ラ ダム ド モンローズ 2014 メドック格付第2級 AOCサンテステフ セカンドワイン La Dame de Montrose 2014 AOC Saint Estephe 赤 ワイン SALE,送料無料 —— 4,100円

6本以上送料無料 ネッケンマルクト アルテ レーベン 2008 モリック Neckenmarkt Alte Reben 2008 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 最安値,品質保証

Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。 実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全て【ブラウフレンキッシュ】というところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。 すべてがブラウフレンキッシュということからも、この品種にかける意気込みが伝わってきます。あくまでもフィネスとエレガンスを追求。小樽、新樽は一切使用しません。ノン・フィルター、天然酵母発酵。 年産5500本。ロマネ・コンティなみの生産量です。樹齢38〜80年スケールの大きさを感じるグラン・クリュクラスのワインです。このワインにパーカー氏は赤ワインではオーストリア初の95点をつけています。 樹齢 39〜82年 収量 25hl/ha オークの解放桶にて醸し発酵23日間 500Lオーク樽にて20カ月熟成 ネッケンマルクト村の南東向け急斜面の一番良い区画から厳選した古木を使用。75%は粘板岩土壌、20%は石灰岩、残り5%は黄土層に畑はあります。 北側は森となっており夜に冷気がおりてくるため、寒暖の差がしっかりあります。標高も400mと高く、収穫はこの地域ではかなり遅い10月半ば。スケールの大きさを感じさせる文字通りモリックが誇るグランクリュです。 ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ヴァインラント・エスタライヒ(Weinland Osterreich)地方/ブルゲンラント(burgenland)州/ミッテルブルゲンラントDAC(MittelburgenlandDAC) ●ブドウ品種 ブラウフレンキッシュ 100% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール14.0%、残糖1.1g/l、酸6.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Moric モリック醸造所 Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』有名ワイン情報誌【Wine & Spirits】の【オーストリア 2009 ワイナリーオブザイヤー】を受賞!オーストリアワインで赤ワイン生産者といえば、この人を抜きに語ることはできません!! これがオーストリアの土着品種[ブラウフレンキッシュ]のパワーです! モリッツのワイナリーがある、ワイン生産地域ブルゲンラントはオーストリーの中で一番東に位置する産地。いわゆるハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響を大きく受ける産地です。こちらの産地で盛んなのが赤ワイン。その中でも高級品種は【ブラウフレンキッシュ】です。 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全てブラウフレンキッシュというところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。平均収量は30hl、あくまでもフィネスとエレガントを追求する彼はいわゆる小樽、新樽を一切使用しません。 彼のワインは全てノンフィルター、天然酵母発酵 です。全てのシリーズが500L〜400Lのオークの大樽(オーストリア、ファルツ、アルザス産)にて、18ヶ月〜20ヶ月の熟成を経てリリースされます。 是非この機会に「孤高の天才」 の造るエレガント・ブラウフレンキッシュをお試し下さい。 本当にこんな赤ワインがオーストリアで造られていると驚きです。モリック醸造所の孤高の天才「ローラント・フェリッヒ氏」!と呼ばれるのも納得です!オーストリア好きのみならず、赤ワインが好きな方にも是非覚えていただきたい名前・そしてこの人のワインを飲んでいただきたいと思う、とにかく天才の素晴らしい造り手です! なぜ「孤高の天才」かというと、オーストリアは今、辛口グリューナーフェルトリーナーの白ワインが世界的大人気なんです!流行りに流されず赤ワインにこだわった、しかもオーストリアの土着品種である「ブラウフレンキッシュ」を追及するという、こだわりよう。 私自身も「ブラウフレンキッシュ」にはあまり期待しないで飲ました。 しかし、本当に美味しいくて目からうろこが落ちました。「超エレガント」という言葉が似合う! ローラント氏は常に偉大な赤ワインを造りたいという気持ちを持ち続けていて、フランスでも超一流生産者である、ロマネ・コンティやメオ・カミュゼやシャーヴを訪ねるうち自分の理想とするワインのスタイルを確立したそうです。 そして、彼がオーストリアでついに見つけた畑はオーストリアのワイン産地の中でも南の方に位置する、【ノイジードラーゼー=ヒューゲルラント】。ハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響で比較的温暖な地域になっていて、上質な赤ワインができるポテンシャルをもったテロワールです。 オーストリアの白ワインは繊細なワインで多いことで有名ですが、間違いなくここの赤ワインも非常に繊細で、全てにおいて素晴らしいポテンシャルを秘めています。 是非この機会に【モリック醸造所】のオーストリア最高峰のワインをお試し下さい!

6本以上送料無料 ネッケンマルクト アルテ レーベン 2008 モリック Neckenmarkt Alte Reben 2008 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 最安値,品質保証 —— 11,100円

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2006 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2006 Georg Breuer ドイツ 辛口 赤 ワイン ライン

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ブロイヤーの最良の畑から収穫されたシュペートブルグンダーを100%使用し、バリックで熟成させたラインガウでは 珍しい赤ワイン。ブルゴーニュに限りなく近いニュアンスがありますが、でも、どこかブルゴーニュとは違う、洗練された果実味があります。 シュペート・ブルグンダー種(ピノノワール種と同品種)は、今後、さらに注目されていくと思います。 ドイツの赤ワインに挑戦してみる価値があると思います。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール:13.1%、残糖:0.1g/L、酸:5.4g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2006 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2006 Georg Breuer ドイツ 辛口 赤 ワイン ライン —— 5,100円

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペートブルグンダー B Q.b.A. トロッケン 2013 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder B Q.b.A. trocken 2013 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン 辛口

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ゲオルク・ブロイヤーが造り出す赤ワイン!!驚愕の品質! ブロイヤーの最良の畑から収穫されたシュペートブルグンダーを100%使用し、バリックで熟成させたラインガウでは珍しい赤ワイン。『B』というのは、ベルククラッセン (急傾斜)という意味で、日照条件、水はけなど最高の条件を備えた場所でピノ・ノワールを使用しています。 濃い色調をもっており、ピノの特徴であるラズベリーやチェリーの芳香 が漂います。 香りとは想像できないような重みを感じ、果実味と樽香のバランスはさすがといえるほど素晴らしい調和を保っています。こんなに飲み応えがあるとはさすがブロイヤーというべきワインと思います。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)100% [B] 『B』というのは、ベルククラッセン (急傾斜)という意味 ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール13.0%、残糖0.2g/l、酸度5.8g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ブロイヤー シュペートブルグンダー B Q.b.A. トロッケン 2013 ゲオルク ブロイヤー Breuer Spaetburgunder B Q.b.A. trocken 2013 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン 辛口  —— 6,800円

6本以上送料無料 ルッツマンスブルク アルテ レーベン 2011 モリック Lutzmannsburg Alte Reben 2011 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 新作登場

Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。 実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全て【ブラウフレンキッシュ】というところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。 すべてがブラウフレンキッシュということからも、この品種にかける意気込みが伝わってきます。あくまでもフィネスとエレガンスを追求。小樽、新樽は一切使用しません。ノン・フィルター、天然酵母発酵。 年産5500本。ロマネ・コンティなみの生産量です。樹齢38〜80年スケールの大きさを感じるグラン・クリュクラスのワインです。このワインにパーカー氏は赤ワインではオーストリア初の95点をつけています。 樹齢:39〜82年、収量:25hl/ha、オークの解放桶にて醸し発酵23日間、500Lオーク樽にて20カ月熟成。 北側は森となっており夜に冷気がおりてくるため、寒暖の差がしっかりあります。標高も400mと高く、収穫はこの地域ではかなり遅い10月半ば。スケールの大きさを感じさせる文字通りモリックが誇るグランクリュです。 最高110年の古木のブドウも使用しています。濃いガーネット色で、黒い果実やスミレの香り。極度の収量制限による凝縮度が素晴らしいワイン! ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ヴァインラント・エスタライヒ(Weinland Osterreich)地方/ブルゲンラント(burgenland)州/ミッテルブルゲンラントDAC(MittelburgenlandDAC) ●ブドウ品種 ブラウフレンキッシュ 100% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール14.0%、残糖1.1g/l、酸6.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Moric モリック醸造所 Weingut Moric モリック醸造所 『超エレガント・ブラウフレンキッシュを世界に届ける孤高の天才!』有名ワイン情報誌【Wine & Spirits】の【オーストリア 2009 ワイナリーオブザイヤー】を受賞!オーストリアワインで赤ワイン生産者といえば、この人を抜きに語ることはできません!! これがオーストリアの土着品種[ブラウフレンキッシュ]のパワーです! モリッツのワイナリーがある、ワイン生産地域ブルゲンラントはオーストリーの中で一番東に位置する産地。いわゆるハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響を大きく受ける産地です。こちらの産地で盛んなのが赤ワイン。その中でも高級品種は【ブラウフレンキッシュ】です。 世界のどの地域の模倣でもない、オーストリアが世界に誇れる赤ワインを造ろうと2001年に独立した醸造所です。実質全ての行程を当主でもある【ローラント・フェリッヒ】さんが行っています。ハンガリー国境にほど近い街に醸造所はあります。畑は全部で12.5haとできるワインも非常に希少。1haのツヴァイゲルトを除いては全てブラウフレンキッシュというところからも彼の並々ならない意気込みが伝わってきます。平均収量は30hl、あくまでもフィネスとエレガントを追求する彼はいわゆる小樽、新樽を一切使用しません。 彼のワインは全てノンフィルター、天然酵母発酵 です。全てのシリーズが500L〜400Lのオークの大樽(オーストリア、ファルツ、アルザス産)にて、18ヶ月〜20ヶ月の熟成を経てリリースされます。 是非この機会に「孤高の天才」 の造るエレガント・ブラウフレンキッシュをお試し下さい。 本当にこんな赤ワインがオーストリアで造られていると驚きです。モリック醸造所の孤高の天才「ローラント・フェリッヒ氏」!と呼ばれるのも納得です!オーストリア好きのみならず、赤ワインが好きな方にも是非覚えていただきたい名前・そしてこの人のワインを飲んでいただきたいと思う、とにかく天才の素晴らしい造り手です! なぜ「孤高の天才」かというと、オーストリアは今、辛口グリューナーフェルトリーナーの白ワインが世界的大人気なんです!流行りに流されず赤ワインにこだわった、しかもオーストリアの土着品種である「ブラウフレンキッシュ」を追及するという、こだわりよう。 私自身も「ブラウフレンキッシュ」にはあまり期待しないで飲ました。 しかし、本当に美味しいくて目からうろこが落ちました。「超エレガント」という言葉が似合う! ローラント氏は常に偉大な赤ワインを造りたいという気持ちを持ち続けていて、フランスでも超一流生産者である、ロマネ・コンティやメオ・カミュゼやシャーヴを訪ねるうち自分の理想とするワインのスタイルを確立したそうです。 そして、彼がオーストリアでついに見つけた畑はオーストリアのワイン産地の中でも南の方に位置する、【ノイジードラーゼー=ヒューゲルラント】。ハンガリーからの温暖なパノニア気候の影響で比較的温暖な地域になっていて、上質な赤ワインができるポテンシャルをもったテロワールです。 オーストリアの白ワインは繊細なワインで多いことで有名ですが、間違いなくここの赤ワインも非常に繊細で、全てにおいて素晴らしいポテンシャルを秘めています。 是非この機会に【モリック醸造所】のオーストリア最高峰のワインをお試し下さい!

6本以上送料無料 ルッツマンスブルク アルテ レーベン 2011 モリック Lutzmannsburg Alte Reben 2011 Moric 辛口 赤 ワイン オーストリア オーストリー 新作登場 —— 15,100円

6本以上送料無料 ルージュ シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Rouge Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2014 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン ラインガウ 数量

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ブロイヤーの最良の畑から収穫されたシュペートブルグンダーを100%使用し、バリックで熟成させたラインガウでは 珍しい赤ワイン。オークの風味はなくピノ・ノワールの果実味を最大限に引き出されたもの。 ゲオルグ・ブロイヤーのハイコスト・パフォーマンスのシュペート・ブルグンダー!鮮やかで輝いたルビーカラー!がとてもきれいです。ラズベリーのフレッシュな香りとブラックベリー、ダークチェリーのような濃い果実香があります。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール11.8%、糖度0.1g/l、酸度5.4g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ルージュ シュペート ブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Rouge Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2014 Georg Breuer ドイツ 赤 ワイン ラインガウ 数量 —— 2,800円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ヴィンテージ2009年からユンゲレーベンの表記がなくなりました。 今まで若木のクラスとして位置づけしていましたが、ブドウの樹齢が高くなり、本来ならもう一つ上のランクの【マルターディンガー】として販売してもおかしくないレベル にまで達したそうです。よってユンゲレーベンの名前を冠するクラスが無くなりました。更に美味しくなり、しかも価格が安くなり非常にお買い得です。 新樽は使用せずに3〜4回使った樽で12ヶ月以上熟成しています。優しい樽のニュアンスが絶妙です。赤い果実の香り、エレガントな酸とタンニンのバランスが良く力強さとやさしさが融合した赤ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) ●タイプ 赤・ミディアムボディ アルコール12.8%、残糖2.1g/l、酸度6.6g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です!そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。)そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。 フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワールの赤ワイン、そして、味わいにあふれた辛口白ワイン。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 —— 2,900円

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー ユンゲ レーベン Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Jungereben Q.b.A. trocken 2008 Weingut B

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 樹齢12年位のシュペートブルグンダーの若木のブドウを原料に、新樽は使用せずに3〜4回使った樽で12ヶ月以上熟成しています。優しい樽のニュアンスが絶妙です。赤い果実の香り、エレガントな酸とタンニンのバランスが良く力強さとやさしさが融合した赤ワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) タイプ 赤・ミディアムボディ 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シュペートブルグンダー ユンゲ レーベン Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルト フーバー Huber Spaetburgunder Jungereben Q.b.A. trocken 2008 Weingut B —— 3,100円

6本以上送料無料商品 ヘックリンガー シュロスベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2014 ベルンハルト フーバー Hecklinger Schlossberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 20

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! 樹齢50年〜のブドウから新樽で18ヶ月以上熟成。ミネラル豊かなボディのある赤ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 ビーネンベルク畑 ●ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% (シュペートブルグンダー) ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール13.2%、残糖1.2g/l、酸7.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です!そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 ヘックリンガー シュロスベルク シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2014 ベルンハルト フーバー Hecklinger Schlossberg Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 20 —— 12,300円

6本以上送料無料商品 ベッカー シュペートブルグンダー QbA トロッケン 2014 フリードリッヒ ベッカー Becker Spaetburgunder QbA trocken 2014 Friedrich Becker ドイツ 辛口 赤 ワイン 高品質

Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918〜1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! ドイツ国内で赤ワインが高い評価を受けるフリードリッヒ・ベッカー醸造所。明るい色に樽由来のバニラやシナモン、イチゴ、チェリー、木イチゴ、スグリなど赤系果実がギュッと凝縮されたような、親しみやすい甘いピノノワール特有の香り。冷涼な産地らしい引き締まった酸としかしながら、色は淡いですが、旨味と豊富な果実味、ミネラルに満ちた、エレガントな味わいです。しっかりとしたタンニンを持つ辛口の赤ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区 / シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー (ピノ・ノワール) 100% ●タイプ 赤・辛口・フルボディ アルコール13.3%、残糖0.4g/l、酸度5.7g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!! ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者! 世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています! ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918〜1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。 ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。 さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す〜〜っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫

6本以上送料無料商品 ベッカー シュペートブルグンダー QbA トロッケン 2014 フリードリッヒ ベッカー Becker Spaetburgunder QbA trocken 2014 Friedrich Becker ドイツ 辛口 赤 ワイン 高品質 —— 2,500円

6本以上送料無料商品 ボンバッハー ゾンマーハルデ シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2011 ベルンハルト フーバー Bombacher Sommerhalde Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 2011

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所の赤ワインの最上級キュベ!! 樹齢50年〜のブドウから新樽で18ヵ月以上熟成。冷涼な畑(赤みを帯びた土壌)から複雑な香りと風味のエレガントでパワフルな味わいです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 / ビーネンベルク畑 ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー100% (ピノ・ノワール) ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 アルコール13.4%、残糖3.3g/l、酸6.1g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ(株) ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』(Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です!そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。)そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました!ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 ボンバッハー ゾンマーハルデ シュペートブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2011 ベルンハルト フーバー Bombacher Sommerhalde Spaetburgunder R Q.b.A. trocken 2011 —— 10,800円

6本以上送料無料商品 ライナー シュペート ブルグンダー ハンドヴェルク Q.b.A. トロッケン 2015 ユルゲン ライナー Leiner Spaetburgunder handwerk Q.b.A. trocken 2015 Juergen Lein

Weingut Juergen Leiner ユルゲン・ライナー醸造所 1978年に父親が2haからスタートした醸造所を、2005年に現当主スヴェン・ライナー氏が引き継いでいます。2005年にEUのエコ生産者認証を申請、ビオ・ディナミへ移行中。肥料は馬の糞に木屑、ぶどうの絞りかすを混ぜ合わせ、いわゆる調合剤と5種類のハーブティーをかけて調合したスペシャル。わらで保湿された肥料からは、糞から作られたとはとても思えない、森林の香りがします。 ピノノワール本来の淡いチャーミングな色調で、一本筋の通った芯のある旨みの強い味わいの赤ワインです。飲んでなんかホッとするワインです。有機栽培の土壌からくるミネラル分も大きな魅力。エチケットには手作業(ハンドヴェルク)の象徴としての指紋と、畑の益虫が描かれている。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区、イルベスハイム(Ilbesheim) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール)100% ●タイプ 赤・辛口・ミディアムボディ アルコール12.7%、残糖0.1g/l、酸度5.4g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ株式会社 【ドイツ 】 【ドイツ 辛口 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Juergen Leiner ユルゲン・ライナー醸造所 Weingut Juergen Leiner ユルゲン・ライナー醸造所 新進気鋭のドイツ ビオディナミ生産者! 1978年に父親が2haからスタートした醸造所を、2005年に現当主スヴェン・ライナー氏が引き継ぎ、2005年より、EUのエコ生産者認証を受け、 『ビオディナミ(Bio Dynamiques)』 へ移行します。 肥料は馬の糞に木屑、ぶどうの絞りかすを混ぜ合わせ、いわゆるプレパラシオン(調合剤)と5種類のハーブティーをかけて調合した【ユルゲン・ライナー】のスペシャルなものです。 わらで保湿された肥料からは、糞から作られたとはとても思えない、森林の香りがします。 石灰質の軽い土壌にはヴァイサーブルグンダーやリースリングが植わっており、粘土質土壌にはグラウアーブルグンダー等が植えられており、シュペートブルグンダーは混色砂岩土壌に植えられています。 「ヤスデは多足亜門ヤスデ網に属する節足動物。 ヤスデをはじめとする、数え切れないほどの生物が土中のエコシステムのなかでそれぞれ共生しています。 手間をかけた畑の世話、腐葉土の働き、また合成肥料などを一切使わないことで、こうした土壌がさらに力強く、生き生きとします。 そうして土壌自身の力でぶどうに自然な生長環境を提供しています。 ぶどう造りにかかわるたくさんの小さな生物を代表してラベルにはヤスデをあしらいました。 このワインを楽しむことであなたもファルツの貴重な自然に触れてください。」

6本以上送料無料商品 ライナー シュペート ブルグンダー ハンドヴェルク Q.b.A. トロッケン 2015 ユルゲン ライナー Leiner Spaetburgunder handwerk Q.b.A. trocken 2015 Juergen Lein —— 2,500円

Assemblage アッサンブラージュ 赤 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 甘口 新作登場,得価

1本当り 1 250円 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 和食を意識して醸造しました。ダークチェリー、レーズン、土のついた黒系果実の香りと、軽やかなアタック、こなれたタンニンと穏やかな果実味を備え、強めの酸味が全体を引き締めています。軽めのヴォリュームの肉料理全般に相乗。輸入ぶどうを使用。 【テイスティングコメント】 色: やや明るいルビー色。わずかに紫のニュアンス。輝きあり。粘性やや控えめ。 香り: ヴォリュームは中程度。ダークチェリー、レーズン、土のついた黒系果実の香り。銅を思わせるメタリックな香り。白檀のかすかなニュアンス。 味: 軽やかなアタック。こなれた中程度のタンニンと穏やかな果実味が、やさしく味の中盤で寄り添っている。酸はやや強めで、こちらは全体の構成を引き締める。辛口。フィニッシュは中程度の長さ。香ばしい苦みが口内にとどまる。 総評: シンプルな構成ながらも、しっとりとした佇まいを備えた赤。軽めのヴォリュームの肉料理全般に相乗。和の総菜との相性も良さそう。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 カベルネソーヴィニヨン、メルロー ●タイプ 赤・ミディアムボディ・辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Assemblage アッサンブラージュ 赤 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 甘口 新作登場,得価 —— 3,100円

Assemblage アッサンブラージュ 赤 720ml 6本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 甘口 送料無料,得価

1本当り 1 250円 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 和食を意識して醸造しました。ダークチェリー、レーズン、土のついた黒系果実の香りと、軽やかなアタック、こなれたタンニンと穏やかな果実味を備え、強めの酸味が全体を引き締めています。軽めのヴォリュームの肉料理全般に相乗。輸入ぶどうを使用。 【テイスティングコメント】 色: やや明るいルビー色。わずかに紫のニュアンス。輝きあり。粘性やや控えめ。 香り: ヴォリュームは中程度。ダークチェリー、レーズン、土のついた黒系果実の香り。銅を思わせるメタリックな香り。白檀のかすかなニュアンス。 味: 軽やかなアタック。こなれた中程度のタンニンと穏やかな果実味が、やさしく味の中盤で寄り添っている。酸はやや強めで、こちらは全体の構成を引き締める。辛口。フィニッシュは中程度の長さ。香ばしい苦みが口内にとどまる。 総評: シンプルな構成ながらも、しっとりとした佇まいを備えた赤。軽めのヴォリュームの肉料理全般に相乗。和の総菜との相性も良さそう。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 カベルネソーヴィニヨン、メルロー ●タイプ 赤・ミディアムボディ・辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Assemblage アッサンブラージュ 赤 720ml 6本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 甘口 送料無料,得価 —— 6,100円

DOS 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 得価,新品

1本当り1 480円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 国産ぶどうを使用した赤ワインです。マスカットベリーA 種の新鮮なアロマ、ブラッククイーン由来のパンチの効いた酸が特徴で、タンニンと豊かな果実味のバランスが良いワインです。熟成を経てさらにマイルドになることで複雑味のあるワインを楽しめます。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベイリーA種、ブラッククイーン種 ●タイプ 赤・ミディアムボディ・やや辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

DOS 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 得価,新品 —— 3,700円

Les Aromes de Pavie 2012 サンテミリオン グラン クリュ クラッセ セカンドワインLes Aromes de Pavie 2012 AOC Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン ボルドー 本物保証

P.P 88 Point Chateau Pavie シャトー・パヴィ サン・テミリオンで最大の規模にして、頂点を極めたシャトー!右岸のラフォットと形容される、常に進化を続ける製法がもたらす複雑かつ芳醇な味わい!サン・テミリオン 第1特別級A!! 【シャトー・パヴィ】は、サン・テミリオンの町の南東にあたる、サン・テミリオン地区の東の丘陵斜面という素晴らしい場所に位置しています。小さなシャトーの多いサン・テミリオンですが、シャトー・パヴィの栽培面積は37haと大きく、第1特別級の中でも最大の規模を誇ります。シャトー・パヴィの斜面にブドウが植えられたのはなんと4世紀。古代ローマ人によって植えられた記録が残っています。それから2000年、シャトー・パヴィの名声はぐんぐん高まっています。シャトー・パヴィの名は19世紀半ばには知れ渡っており、当時のボルドーワインを紹介する書籍において、高く評価されていました。 その後畑を買い増し、品質をさらに向上させたシャトー・パヴィは1954年、サン・テミリオン 第1特別級Bに格付けされました。1979年以降、たくましく、凝縮感のある、さらにフルボディなワインを産出。 特に1998年にジェラール・ぺルス氏がシャトーを購入してからより一層味わいに磨きがかかり、モダンなワインへと変化しています。2012年には、サン・テミリオンの最高格付けである第1特別級Aにシャトー・パヴィとシャトー・アンジェラスが格上げされました。およそ50年にわたり不変であった格付けの変更は、ボルドーの歴史に残る出来事となったのです。 シャトー・パヴィは、ブドウ果収量の低減、樽内マロラクティック発酵、ミクロ・ビュラージュ、澱と触れたままの熟成、清澄・濾過なしでの瓶詰めなど、様々な工夫、そして出費を惜しまない投資によって、右岸のラフィットと形容されるほど複雑かつ芳醇なワインを生み出します。 シャトー・パヴィが2005年からつくるセカンドワイン。複雑なブーケと柔らかな口当たり、凝縮度が高く果実味も豊かで、10年の熟成に耐える古典的なサン・テミリオン。 スミレ、プラム、ブラックチェリー、リコリス、カンパリの香りに、砕いた石のような、ミネラルもしっかりと感じられます。口に含むと、甘く熟した果実味が心地よく、凝縮した果実味と、タンニンは程よくしっかりしており、バランスの良い絶妙な味わいです。 好立地に位置するシャトーの、まさに今が飲み頃のバックヴィンテージ。是非、お試し頂きたい1本です。 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ボルドー地方 / サンテミリオン地区 / サン・テミリオン第一特別級A A.O.C.サン・テミリオン・グラン・クリュ ●ブドウ品種 メルロー 84% /カベルネ・フラン 14% /カベルネ・ソーヴィニヨン 2% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 タンクの種類:木製タンク 樽熟成の期間:約18〜24ヶ月 新樽比率:100%の新樽 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ワイン・スペクテーター得点: ワイン・アドヴォケイト得点:88+ ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Chateau Pavie シャトー・パヴィ シャトー・パヴィ サンテミリオン・グラン・クリュ・クラッセ Chateau Pavie AOC Saint Emilion Grand Cru Classe サン・テミリオンで最大の規模にして、頂点を極めたシャトー。右岸のラフォットと形容される、常に進化を続ける製法がもたらす複雑かつ芳醇な味わい。 シャトー・パヴィはコート・プリミエール・グラン・クリュのなかで最も大きく、南向きの長くなだらかな斜面上にあります。サンテミリオンの南東に位置し、オーゾンヌや【パヴィの丘】の斜面に、初めてブドウの樹が植えられたのは4世紀に葡萄の木が植えられた最初の土地の一つです。パヴィは、この地方で最も大きく、興味深い石灰岩のカーブの一つを持ち、丘の頂上に面したがけの露出面に掘られている。工業用採石場があったと思われており、パヴィという名は恐らくペイヴ(舗道)、ペイヴィングストーン(敷き石)、パヴィエール(採石場)等からきているとも言われている。【シャトー・パヴィ】はサンテミリオン地区でも有名なシャトーで、18世紀までは沢山の【パヴィ(桃の一種)】を収穫していました。この土地の最初の持ち主はタルマン家でした。1850年より、パヴィはサンテミリオンの1級シャトーとして【コック・エ・フェレ】に掲載されています。しかし、そこにはタルマン家だけではなく、アドルフ・ピガス氏、ラフルール氏、シャプス氏も所有者として名を連ねていました。彼らの中で土地の売買を繰り返していましたが、1885年、ボルドーの仲買人【フェルディナン・ブーファール】がタルマン家の土地を購入します。その6年後には他の所有者の土地も買い足し、約50ha、125〜150樽を生産可能な規模にまでパヴィを拡大してゆきます。ドメーヌはパヴィの名の下に強化されていったが、ブーファールは、以前ピガス氏が所有していた土地は別に管理しており、それが現在のシャトー【パヴィ・デュッセス Chateau Pavie Decesse】となる。その他にも、以前シャプス氏が所有していた土地はマッカン氏に売却し、それが後のシャトー【パヴィ・マッカン Chateau Pavie Macquin】となりました。 ワインが、びん詰めの時まで貯蔵されているパヴィのシェは、11世紀のものだと言われている。最も深い所は畑の8m下にあり、葡萄の木の根が屋根を突き進んでいるのが見られる。カーブの温度は一年中12度に保たれている。葡萄の木の平均樹齢は45年だが、なかには1895年にさかのばれるものもあり、サンテミリオンでは最も古いものである。起源は古代にさかのぼるパヴィのワインだが、完全に認められだしたのは19世紀に入ってからである。1867年のパリの展覧会では金メダルを得、その時以来多くの賞を得ている。 「第1特別級B」に格付けされる! 19世紀末、フィロキセラが猛威を振るい【フェルディナン・ブーファール】のそれまでの努力を失いますが、彼のブドウ栽培の豊富な経験により、かろうじてこの危機を乗り切きりました。しかし、第一世界大戦後から1943年まで、パヴィはアルベール・ポルトの所有となり、その後さらにパリの仲買人アレキサンドル・ヴァレットへと所有権が移っていきました。彼は60年にわたる長期の植え替え計画を立て、それを実行してゆきます。1954年、サンテミリオン地区の格付けが行われ、見事に「第1特別級B」に格付けされ、1967年より、アレキサンドルの孫ジャンポール・ヴァレットはブドウの栽培地を開拓し、ワインは中世の石切り場跡の地下洞窟に保存されるようになります。ここは地表からの深さも十分にあり、また、湿度も十分にあり、この地域でも大きな貯蔵庫の一つです。 ジェラール・ペレスの改革! 元々パリのスーパーマーケットのオーナーだったジェラール・ペルスは、サンテミリオンに恋に落ち、1993年にシャトー・モンブスケを最初に購入した後、ヴィニロン(註:ブドウ栽培兼ワイン醸造家)になった。初ヴィンテージからロバート・パーカーは、この若く、情熱的で、完ぺき主義のオーナーを褒め称え、ワインを【sleeper of the vintage】と表現し将来性の高さを述べています。 1998年3月、ジェラール・ペレスとシャンタルがパヴィの所有者となります。早速その年の8月から建物の改修が始まり、1923年製の古いタンクも、温度調節のできる木製タンクに置き換えらます。また将来を見越して、1974年に53樽のワインを巻き添えにして一部が崩壊してしまったような古い樽貯蔵庫を取り壊します。新しい樽貯蔵庫は、サンテミリオンでは革新的な作りで、1999年の収穫時に初めて使用されることとなりました。同時に、ブドウ栽培の見直しも徹底的に行いました。ブドウの株を25%植え足し、出来の良くない株を植え替え、土壌の【ドレナージュ(排水性を良くする作業)】や醸造設備への導水工事なども徹底して行いました。現在、ジェラール・ペレスが行っている改革は、19世紀のフェルディナン・ブーファールの偉大な業績と比較して語られることも多いですがこれも彼が行っていることの革新性の表れだと言えます。 ■ロバート・パーカーJr.ボルドー第4版より パヴィはサン・テミリオンの第一特別級全体の中で、最大の畑を持っている。生産量は隣人であるオーゾンヌの7倍、また畑の隣接しているラ・ガフリエールの2倍である。このため、パヴィは世界中に広くその名を知られている。 畑はサン・テミリオンの町の南東(車で5分の距離)にあたる、サン・テミリオン地区の東の丘陵斜面というすばらしい位置にあり、コート・サン・テミリオンの1つとなっている。歴史的に見ればここの畑には、オーゾンヌと共に、4世紀にはもうローマ人によってブドウが植えられていた。 チリでの牧場経営を断念した後、1967年以降パヴィの仕事に携わっていたジャン・ポール・ヴァレットが、1998年までパヴィを所有し経営していた。彼はサン・テミリオンで最も気さくな経営者の1人であり、その親切なもてなしと、ここがこの地方で最も興味深い石灰岩でできたワイン・セラーを持っていることとがあいまって、パヴィは、この地区を訪れる観光客が必ず足を運ぶシャトーとなっていた。 その生産量の大きさと人気にもかかわらず、ペレス家が買収する前のパヴィは、サン・テミリオンの一流シャトーの中で最高の実績を誇るシャトーとは言えなかった。ワインが軽く、色合いが弱々しすぎるヴィンテージが多く、早熟すぎたり褐色化するのが早すぎたりしたのである。幸いなことに、この不安定な時代は過去のものとなった。しかし、この銘柄は若いうちに飲めるサン・テミリオンではない。たいていのヴィンテージは、ことに1980年代、そして1990年代初めのものは、若いうちは頑固なほどに硬く、熟成するまでに最低7〜10年、瓶で寝かせる必要がある。1990年代初めのワインは特に期待はずれだった。ヴァレット氏がこのシャトーを手放すにあたって、このことが大きな原因となったことは間違いない。ペレス家による最初のヴィンテージは1998年であった。彼がわずか5年で達成した品質は今日のボルドーで最も関心を集める話題の1つとなっている。 パヴィは最も高価なサン・テミリオンの第一特別級となった。 ■一般的な評価 このシャトーは、サン・テミリオンで最も大切にされてきたテロワールの1つであり、1997年以来、シャンタルとジェラール・ペレスによって運営されている。ペレス家は畑セラーに相当な投資をして、できる限り最上のワインをつくるために出費を惜しまなかった(収量の低減、小型の開放式の樽の発酵槽で発酵、樽内マロラクティック発酵、ミクロ・ビュラージュ、澱と接触させたままでの熟成、清澄及び濾過処理なしでの瓶詰め)。その結果、テロワールのエッセンスが表れ、並外れたフィネスと芳醇さ、そして潜在的な複雑さを持つワインになった。この見事な指導者の下で、ますますパヴィは右岸のラフィット・ロートシルトのようになっている。瓶の中に入っているものでワインを判断するのであれば、パヴィは一級の品質を持った夢のようにすばらしいシャトーになったのであり、並外れたエレガンスとけたはずれの力強さの融合を感じさせてくれる。しかしながら、どういうわけかパヴィは、最近のヴィンテージにおいてその品質に見合うほど商業的には成功していない。おそらく、ペルス家以前のワインに好ましくないイメージがあること、また、ペルス家をめぐる不当な論争のせいだろう。 平均年間生産量:10万本 畑 面積:35ha、平均樹齢:43年、植樹密度:5500本/ha、平均収量:28〜30hl/ha 育て方:発酵とマセレーションは温度管理された木製タンクで4〜週間。熟成は細かい澱に触れたままオークの新樽で18〜22ヶ月。清澄も濾過もしない。 ブドウ品種:メルロー60%、カベルネ・フラン30%、カベルネ・ソーヴィニョン10% 所有者:ジェラール&シャンタン・ペルス

Les Aromes de Pavie 2012 サンテミリオン グラン クリュ クラッセ セカンドワインLes Aromes de Pavie 2012 AOC Saint Emilion Grand Cru Classe 赤 ワイン ボルドー 本物保証 —— 6,500円

Muscat Bailey A マスカットベリーA 360ml 12本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 超激得,安い

1本当り680円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 新発売! 国産マスカットベリーA種を100%使用し、木樽で熟成させました。品種の特徴である果実香と、控えめな渋みがバランス良く、わずかな樽香が全体を引き締め、全ての要素が出過ぎることなく、1本の線のようにまとまっています。塩胡椒でシンプルに調理した肉料理や赤みの魚に相乗します。 【テイスティングコメント】 色:クリアで透明感のある薄めのルビー色。ディスクは中程度で健全な輝きがある。 香り:グラスに注ぐと非常にフレッシュで清々しいストロベリーや国産のサクランボの香りが期待感を持たせる。単に甘い香りだけでなくハーブや白胡椒の香りもあり、軽やかな中にも奥行きのある芳香。 味:アタックに軽やかな酸味があり、後味でほのかな甘味と鼻腔に抜けるベリーの香りがとても心地良く飽きのこない味わい。タンニンは軽くライトなボディーでバランスがよい。提供温度は少し冷やして14℃位。 総評: タンニンがライトで飲みやすい赤ワインですので、広範囲の料理と相性が良い。和食なら地鶏のタレ焼きや胡麻豆腐などに、イタリアンでペスカトーレやアマトリチャーノなどのトマトソースのパスタ、フレンチなら豚肉のバスク風煮込などに合う。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ 赤・ライトボディ・辛口 ●内容量 360ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Muscat Bailey A マスカットベリーA 360ml 12本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 超激得,安い —— 6,700円

Muscat Bailey A マスカットベリーA 360ml 6本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 豊富な,正規品

1本当り680円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 新発売! 国産マスカットベリーA種を100%使用し、木樽で熟成させました。品種の特徴である果実香と、控えめな渋みがバランス良く、わずかな樽香が全体を引き締め、全ての要素が出過ぎることなく、1本の線のようにまとまっています。塩胡椒でシンプルに調理した肉料理や赤みの魚に相乗します。 【テイスティングコメント】 色:クリアで透明感のある薄めのルビー色。ディスクは中程度で健全な輝きがある。 香り:グラスに注ぐと非常にフレッシュで清々しいストロベリーや国産のサクランボの香りが期待感を持たせる。単に甘い香りだけでなくハーブや白胡椒の香りもあり、軽やかな中にも奥行きのある芳香。 味:アタックに軽やかな酸味があり、後味でほのかな甘味と鼻腔に抜けるベリーの香りがとても心地良く飽きのこない味わい。タンニンは軽くライトなボディーでバランスがよい。提供温度は少し冷やして14℃位。 総評: タンニンがライトで飲みやすい赤ワインですので、広範囲の料理と相性が良い。和食なら地鶏のタレ焼きや胡麻豆腐などに、イタリアンでペスカトーレやアマトリチャーノなどのトマトソースのパスタ、フレンチなら豚肉のバスク風煮込などに合う。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ 赤・ライトボディ・辛口 ●内容量 360ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Muscat Bailey A マスカットベリーA 360ml 6本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 豊富な,正規品 —— 3,400円

Muscat Bailey A マスカットベリーA 720ml 4本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 品質保証,お得

1本当り1 280円 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 新発売! 国産マスカットベリーA種を100%使用し、木樽で熟成させました。品種の特徴である果実香と、控えめな渋みがバランス良く、わずかな樽香が全体を引き締め、全ての要素が出過ぎることなく、1本の線のようにまとまっています。塩胡椒でシンプルに調理した肉料理や赤みの魚に相乗します。 【テイスティングコメント】 色:クリアで透明感のある薄めのルビー色。ディスクは中程度で健全な輝きがある。 香り:グラスに注ぐと非常にフレッシュで清々しいストロベリーや国産のサクランボの香りが期待感を持たせる。単に甘い香りだけでなくハーブや白胡椒の香りもあり、軽やかな中にも奥行きのある芳香。 味:アタックに軽やかな酸味があり、後味でほのかな甘味と鼻腔に抜けるベリーの香りがとても心地良く飽きのこない味わい。タンニンは軽くライトなボディーでバランスがよい。提供温度は少し冷やして14℃位。 総評: タンニンがライトで飲みやすい赤ワインですので、広範囲の料理と相性が良い。和食なら地鶏のタレ焼きや胡麻豆腐などに、イタリアンでペスカトーレやアマトリチャーノなどのトマトソースのパスタ、フレンチなら豚肉のバスク風煮込などに合う。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ 赤・ライトボディ・辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Muscat Bailey A マスカットベリーA 720ml 4本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン 品質保証,お得 —— 4,100円

Muscat Bailey A マスカットベリーA 720ml 6本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン SALE,100%新品

1本当り1 280円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 新発売! 国産マスカットベリーA種を100%使用し、木樽で熟成させました。品種の特徴である果実香と、控えめな渋みがバランス良く、わずかな樽香が全体を引き締め、全ての要素が出過ぎることなく、1本の線のようにまとまっています。塩胡椒でシンプルに調理した肉料理や赤みの魚に相乗します。 【テイスティングコメント】 色:クリアで透明感のある薄めのルビー色。ディスクは中程度で健全な輝きがある。 香り:グラスに注ぐと非常にフレッシュで清々しいストロベリーや国産のサクランボの香りが期待感を持たせる。単に甘い香りだけでなくハーブや白胡椒の香りもあり、軽やかな中にも奥行きのある芳香。 味:アタックに軽やかな酸味があり、後味でほのかな甘味と鼻腔に抜けるベリーの香りがとても心地良く飽きのこない味わい。タンニンは軽くライトなボディーでバランスがよい。提供温度は少し冷やして14℃位。 総評: タンニンがライトで飲みやすい赤ワインですので、広範囲の料理と相性が良い。和食なら地鶏のタレ焼きや胡麻豆腐などに、イタリアンでペスカトーレやアマトリチャーノなどのトマトソースのパスタ、フレンチなら豚肉のバスク風煮込などに合う。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ 赤・ライトボディ・辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Muscat Bailey A マスカットベリーA 720ml 6本セット 丹波ワイン 京都 赤 ワイン SALE,100%新品 —— 6,300円

よりどり6本以上送料無料商品 282 ピノ ノワール 2014 エルギン リッジ 282 Pinot Noir 2014 Elgin Ridge 南アフリカ 赤 ワイン 2019,新作

Elgin Ridge エルギン・リッジ エルギン・ヴァレー ビオディナミのパイオニア!! エルギン・リッジは南アフリカ屈指のクールクライメイトを誇る銘醸地、エルギン・ヴァレーでマリオン&ブライアン・スミス夫妻によって2007年に設立されました。この地区で最初にビオディナミ認定(2016年:デメテール)を取得した自然派ワインのパイオニア的存在で、現在8ヘクタールの土地を所有し、内5ヘクタールでブドウを栽培しています。エルギン・リッジのブドウ畑から西方には遠く海を望むことができ、辺りは岩のごつごつした山々や、瑞々しい緑の畑に囲まれた美しい渓谷が見渡せます。 スミレや地中海の森林を思わせる香り、新鮮な果実、フローラルなノートに地中海の小低木の香りが仄かに漂います。骨格があり、果実の綺麗な余韻が楽しめるワイン。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 南アフリカ SouthAfrica ●地域 ウエスタン・ケープ地方 / ケープ・サウス・コースト地区 / エルギン / W.O.エルギン ●ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:天然酵母 熟成:フレンチオーク樽 11カ月(新樽比率15%) ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック ●コンクール入賞歴 インターナショナル・オーガニック・アワード 銀賞 ●ワイン専門誌評価 「ジェイミー・グッド」 91-93点 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Elgin Ridge エルギン・リッジ Elgin Ridge エルギン・リッジ エルギン・ヴァレー・ビオディナミのパイオニア!! 知る人ぞ知る、南アフリカ産-ビオ生産者- エルギン・ヴァレー産ビオディナミのパイオニア 「エルギン・リッジ」 (2007年に設立) エルギン・リッジは南アフリカ屈指のクールクライメイトを誇る銘醸地、エルギン・ヴァレーでマリオン&ブライアン・スミス夫妻によって2007年に設立されました。この地区で最初にビオディナミ認定(2016年:デメテール)を取得した自然派ワインのパイオニア的存在で、現在8ヘクタールの土地を所有し、内5ヘクタールでブドウを栽培しています。エルギン・リッジのブドウ畑から西方には遠く海を望むことができ、辺りは岩のごつごつした山々や、瑞々しい緑の畑に囲まれた美しい渓谷が見渡せます。 ブドウ畑は山の斜面を取り囲むように広がり、畑の向きも他方に向いています。また勾配も大きい事から、畑は段々畑状に工夫され栽培がおこなわれ、このような小さな区画が幾つも点在します。 そしてそれぞれの区画では、現在も試験栽培が繰り返され土壌環境や畑の向き、斜度など異なるミクロクリマに合わせた栽培方法が用いられ、密植を行ったり異なるクローンを用いることで土地の力を最大限に引き出す努力がなされています。 斜面上で栽培される畑の標高は海抜282m地点の高台にあり、エルギン・リッジの単一ワインシリーズはこの「282」をブランド名にもしています。 ブドウ畑は冬は寒く夏は穏やかな気候でブドウ栽培に理想的な環境が揃い、大西洋からも近い事で、ブドウは冷涼な気候下で健康な状態を保つことができます。こうしたユニークで恵まれた環境は、秀逸でバランスの取れた、更に長期成熟に適したワインを生みだしてくれます。エルギン・リッジでは丹精込めて栽培した自社農園の健康で良質なブドウだけを使用し、決して量産はせず品質にこだわり少量のワインのみを造っています。こうして生み出されるワインは、マスター・オブ・ワインやワイン関係者の中でも話題で、イギリス人ワインジャーナリストで科学者でもあるジェイミー・グッド氏は、全てのワインに90点以上という高評価を付けています。 ワイン造りにかける想い。IT業界からの異色の転身。 ワイナリーのオーナー、スミス夫妻は「少量でも素晴らしい、ハンドクラフトなワインを造る」という、長年に亘り大切に温め、計画してきた2人の大きな夢の実現のため、ロンドンで成功していたITビジネスを売却。ヨーロッパ各地のワイン生産地域を巡り、更にはニューワールドにも足を運ぶようになりました。そして南アフリカ、西ケープ州エルギン・ヴァレー地域の可能性に強く興味を持つようになります。幸運にもこの地域には長年にわたり放置された、小さな農園が残っていることが分かり、ここでは農薬などの使用もなかったことから直ぐに有機栽培を実践することが可能でした。 すぐに2人は農園を購入し、2007年最初のブドウであるソーヴィニヨン・ブランを植え有機栽培を開始しました。栽培から僅か22カ月育っただけの、この若いブドウ樹から2009年に最初のソーヴィニヨン・ブランを瓶詰。僅か2500本のみの生産ではありましたが、この地の可能性を証明させてくれるワインとなり、現在でもソーヴィニヨン・ブランは蔵の大切なワインとなっています。ソーヴィニヨン・ブランというと、酸の高い品種のイメージがありますが、ブライン氏は「酸度も大切だが、酸で全てを隠してしまうのではなく、果実が本来持っているピュアな果実の姿をワインを最大限に出すべきだ」と極端に酸を強調するのではなく、栽培面から酸と果実の絶妙なバランスを保つ事を重要視しブドウ栽培・ワイン造りを行っています。 畑では灌漑は最低限必要な時だけ行い、地中の微生物の活動を盛んにし、窒素の割合を理想的な状態にするため、カバークロップ(畑を覆う草花)として雑草やマメ科の植物を2列に栽培し、次の1列は休ませるなど規則正しく栽培・管理を行っています。また区画によってはブドウ樹を密植させたり、収穫のタイミングを分けたりと、細部にわたり畑での作業は複雑化しています。この複雑に整備された、緻密なまでのブドウ畑は化学も十分理解したうえで行われている自然栽培で、彼の畑を見たワイン関係者は皆、虜になってしまうほどです。 ワイン造りの素人であったブライン氏ですが、これらのノウハウは熟練の栽培家や醸造家のアドバイスを受けながら、長年の実験と失敗、経験を基に全て独学で学び、独自のスタイルを築いてきました。 恵まれた気候環境とブドウ栽培 【エルギン・ヴァレーの注目度の高まり】 大西洋からの距離20Kmと近く晴れた日には、畑から海を見ることができます。大西洋からの影響は大きく、朝方霧に覆われ日中は海風が吹き抜けます。比較的降雨量のあるワイン産地ですが、この海風が畑を吹き抜けることで春先の霜の被害や成長期のカビの被害を妨げ、更には急激な温度変化からも畑を守ってくれる役割を果たしてくれます。 この地域は冷涼な事から、古くから良質なリンゴや洋ナシの栽培が盛んな産地でしたが、世界中を虜にするエレガントで繊細なワインをつくり出す、ブルゴーニュにもよく似た冷涼なワイン産地である点に注目が集まり、今日ではワイン用ブドウの栽培が盛んにおこなわれるようになりました。 そして、世界的な高品質ワインを造る小規模ブティックワイナリーの数も増えてきています。 有機農法、ビオディナミ農法を施す畑 畑では化学薬品や農薬は一切使せず、ビオディナミ農法に沿って畑の手入れを行い、認可を受けた有機物と農場の草木を再利用した自家製のコンポスト(堆肥)だけを利用し、自然な農法でブドウを栽培しています。畑の畝の間の除草はとても気性のおとなしい馬、マドックスが行います。マッドクスはアヒルが畑をパトロールする(虫を食べる)間は、優しく畑を耕しながら待つのが大好きな優しい馬です。また、ブドウそのままの姿を賛美したいので、害虫の駆除は大切なチームの一員である小さな、そしてとても大切なアヒルたちに任せることにしています。アヒルたちは農場で飼われており、害虫を毎日食べるよう訓練されています。いつも午後4時になると列をなして家に帰る可愛らしい姿を見ることができます。 こうした農法は持続可能で、テロワールを真に映し出すワイン造りを可能にし、栄養価の高いブドウを育んでくれます。品質の高いブドウがあれば、セラーでの仕事はとてもシンプルになり、「最小限の人的介入」という、ワイナリーが大切にするワイン造りにおける哲学とも一致します。この哲学を軸に新しく加わった醸造家であるコゥシィ・ヴァン・デェール・エルウィ氏と栽培家のケヴィン・ワット氏はオーナー醸造家であるブライン氏と共に、畑からボトルリングに至るまで自然に寄り添ったアプローチを施しています。 「素晴らしいワインは畑から始まる」とよく言われる由緒ある言葉ありますが、エルギン・リッチのワインは正に畑から生まれたワインであることを証明してくれる、そんなワインです。

よりどり6本以上送料無料商品 282 ピノ ノワール 2014 エルギン リッジ 282 Pinot Noir 2014 Elgin Ridge 南アフリカ 赤 ワイン 2019,新作 —— 2,600円

よりどり6本以上送料無料商品 アイアンストーン ジンファンデル ルース ヴィンヤード オールド ヴァイン リザーヴ 2015 アイアンストーン ヴィンヤーズ Ironstone Zinfandel Rous Vineyard Old Vine Reserv

Ironstone Vineyards アイアンストーン・ヴィンヤーズ 自社ブドウ100%で産み出す驚異のコスト・パフォーマンスが光るカリフォルニアワイン!優れたワインを提供する優良生産者! 持続可能な農法として注目を集めるサステーナブル農法を実施!エステイト葡萄で丁寧に造ったコストパフォーマンス抜群のカリフォルニアワイン!! シエラ・フットヒルズに静かに横たわる歴史的なゴールドラッシュの町・マーフィーで代々ブドウ栽培を行ってきた栽培農家が産み出すとっておきのワイン。アイアンストーン・ヴィンヤーズは自然環境に優しいサステーナブル農法を実践し自社畑で良質なブドウを栽培。コストパフォーマンスに富んだ果実味豊かなワインを産みだし世界のワインファンの心を捕らえてきました。 【Grower of the Year 2011】カリフォルニア州2011受賞 !! 2011年にはその高いブドウの品質が認められ、カリフォルニア、ワイン用ブドウ栽培協会の最高の栄誉である”最優秀栽培農家賞“受賞しました。この高い品質のブドウがアイアンストーンのワインをカリフォルニアを代表するブランドまでに成長させたことは過言ではありません。 樹齢100年を超える古木から産まれる究極のジンファンデル。薔薇を想わせるアロマと共に熟したブラックベリー、チョコレート香が広がり他にはない独特の味わいを持つ。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 アメリカ ●地域 カリフォルニア州 / ロダイ / ロダイA.V.A. ●ブドウ品種 ジンファンデル 100% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:小型の回転式発酵槽 熟成:フレンチオーク樽で10カ月間 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 サステーナブル農法 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Ironstone Vineyards アイアンストーン・ヴィンヤーズ Ironstone Vineyards アイアンストーン・ヴィンヤーズ 自社ブドウ100%で産み出す驚異のコスト・パフォーマンスが光るカリフォルニアワイン!優れたワインを提供する優良生産者! コストパフォーマンス抜群のカリフォルニアワイン! *持続可能な農法として注目を集めるサステーナブル農法を実施 エステイト葡萄で丁寧に造ったコストパフォーマンス抜群のカリフォルニアワイン シエラ・フットヒルズに静かに横たわる歴史的なゴールドラッシュの町・マーフィーで代々ブドウ栽培を行ってきた栽培農家が産み出すとっておきのワイン。アイアンストーン・ヴィンヤーズは自然環境に優しいサステーナブル農法を実践し自社畑で良質なブドウを栽培。コストパフォーマンスに富んだ果実味豊かなワインを産みだし世界のワインファンの心を捕らえてきました。 *【Grower of the Year 2011】カリフォルニア州 2011 受賞 ! 2011年-カリフォルニア、ワイン用ブドウ栽培協会の最高の栄誉である”最優秀栽培農家賞“受賞!! 2011年にはブドウ栽培・管理において優れ、また業界における改革・リーダーシップを認められた生産者に授与されます。【CAWG(カリフォルニアブドウ栽培家協会)】 の最高の栄誉である【最優秀栽培農家賞】受賞しました。この高い品質のブドウがアイアンストーンのワインをカリフォルニアを代表するブランドまでに成長させたことは過言ではありません。 副社長でもある醸造家スティーブン・ミラー氏 【最優秀醸造家賞受賞の醸造家の存在】 2004年カリフォルニア トラベル インダストリー協会より栄誉ある最優秀生産者賞が与えられた醸造家スティーヴ・ミラー氏が醸造を担当。長い経験と豊富な知識を元にピュアで洗練されたワインを産み出しています。 ロダイを中心とする三つの栽培地域 *Lodi (Sacramento,San Joaquin内) 世界でも最も肥沃な土地の1つで現在、約680haの畑を所有(海抜16m)。日中は暖かく、夜間は冷涼な風が吹く。 *Sloughouse(Sacramento内) 土壌の下部は砂質のローム土壌で、川の小石や小さな丸石の土壌が混ざっている。約1320ha(海抜90?120m)の畑を所有しており、それぞれの土壌のタイプや風味が贅沢に混ざり合っている。 *Sierra Foothills(多数のカウンティにまたがる) マーフィーズにあるワイナリー地域に約960ha所有(標高720m) 。日中は暖かく、夜間は山から涼風が吹く。鉱物や岩の多い土壌からは豊かな香りを持つ、また個性的なブドウが生みだされます。 ブドウは全て自社畑から!サステーナブル農法実践!! ブドウは全て自社畑から収穫されたものを使用します。この為、自社用ワインには常に安定して良質なブドウが使用されます。 *カリフォルニア州でのブドウ栽培規模TOP 10農家の1つ *3000ha以上のブドウ畑 *ロダイ地域にシャルドネを植樹した最初の生産者 *カベルネフランの最大の生産者の1つ! *サステーナブル農法実践・・・持続性のあるブドウ栽培として、「自然に優しく人に優しい農法 “サステーナブル農法”」を実践。 *長期的な農業プログラム・・・農家と社会の質を高める農法をめざします。 1. 近隣環境の質、農業が依存している資源の基盤を高める 2. 基本的な食糧や食物繊維を供給 3. 経済的に実行可能 アメリカ杉の大きな木製タンクを使用 アイアンストーンでは一部アメリカスギの大きな木製タンクを使用します。 古いアメリカスギの木製タンクを使用する利点: *木の風味をワインにうつす *酸素がゆっくり浸透するため、タンニンがなめらかになる *木を通して水分が抜け、ワインの風味が凝縮する この特別な伝統的な醸造設備は他の生産者からも注目され、わざわざアイアンストーンの施設で醸造を行う作り手もいるほどです。

よりどり6本以上送料無料商品 アイアンストーン ジンファンデル ルース ヴィンヤード オールド ヴァイン リザーヴ 2015 アイアンストーン ヴィンヤーズ Ironstone Zinfandel Rous Vineyard Old Vine Reserv —— 2,800円

よりどり6本以上送料無料商品 アストラル 2010 スターレーン ヴィンヤード Astral 2010 Star Lane Vineyard 赤 ワイン アメリカ カリフォルニア 送料無料

Star Lane Vineyard スターレーン ヴィンヤード ゴルフ・ファン必見のワイナリー!【オーガスタ・ナショナル・ゴルフグラブ】でワインがオンリスト!! 1996年、カリフォルニア州サンタ・バーバラの最東端、サンタ・イネズ・ヴァレーにディアバーグ夫妻によって設立。1970年代から、ミズーリ州でワイン造りを行っていた一家が、世界的なボルドーブレンドを生み出すべく設立したワイナリーです。現在、スターレーンブランドからボルドー品種、ディアバーグブランドからブルゴーニュ品種を生み出し、テロワールを表現した鮮やかなワインを生み出しています。 ブランド名『スターレーン』の名前の由来:スターレーンとは、スターレーン用にブドウが栽培される農場の名前で、小高い山々に囲まれた地域になります。周囲には何の障害物もなく、夜間は星が落ちてきそうな程の満天の夜空が広がります。この美しい夜空からワイナリー名であるスター(星)・レーン(山の連なり)という名前が付けられました。 アストラルは【星のような】の意味を持ち、スターレーンブランドの中でも最も素晴らしい星のようなワイン、ワインの中のワインとして名前が付けられました。標高500mの畑で収穫された最上級キュべのみを使用した良年にのみ発表されるワイン。(生産量は6000本以下)標高の高い畑はスターレーンのハッピー・キャニオンのテロワールを最も表現し、ここで収穫されるブドウは小粒で、濃厚な色をした最も凝縮したフレーバーを持つ最高のワインを産み出します。使用されるクローンはカリフォルニアの最高のカベルネクローンとして知られるジョージ・デ・ラトゥールで、この木はフィロキセラの被害もないことから台木無しで栽培されます。毎年、セパージュの比率は異なりその年年の特徴を表現します。 黒系果実と華やかなアロマ。見事なグリップを持つ赤ワインです。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能】 バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 アメリカ ●地域 カリフォルニア州 / セントラル・コースト / サンタ・バーバラ / ハッピー・キャニオン・オブ・サンタ・バーバラ AVA ●ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 90% / カベルネ・フラン 10% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:ステンレスタンク 熟成:フレンチオーク樽で20カ月(新樽100% / 225L) ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 サステーナブル農法 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Star Lane Vineyard スターレーン ヴィンヤード Star Lane Vineyard スターレーン ヴィンヤード ゴルフ・ファン必見のワイナリー!【オーガスタ・ナショナル・ゴルフグラブ】でワインがオンリスト!! 突如現れたカリフォルニアの新星。 1996年、カリフォルニア州サンタ・バーバラの最東端、サンタ・イネズ・ヴァレーにディアバーグ夫妻によって設立。1970年代から、ミズーリ州でワイン造りを行っていた一家が、世界的なボルドーブレンドを生み出すべく設立したワイナリーです。現在、スターレーンブランドからボルドー品種、ディアバーグブランドからブルゴーニュ品種を生み出し、テロワールを表現した鮮やかなワインを生み出しています。 ■一躍スターダムに!! 初ヴィンテージのカベルネ・ソーヴィニヨン2005年が、アメリカ各地で実施されてたプロ向けのブラインド試飲で、高評価を獲得し一躍スターダムを駆け上がり伝説を作ったワイナリーです。このブラインド試飲は、公平に評価がおこなわれるよう、2007-2008年の間にアメリカ各地で総勢121名のソムリエやワイン関係者がテースターとし実施されました。当時、ボルドー品州の栽培地としてはまったくの無名であった、【サンタ・イネズ(現在はハッピー・キャニオン・オブ・サンタ・バーバラAVA)】の地から生まれたワインを広めるために、既に世界的に有名になっていたナパ産のワインとブラインドで比較する事で、サンタ・イネズの可能性を体感してもらうことを目的にワイナリーが実施したブラインド試飲でしたが、まだ6-8年の若木を使って醸造した初ヴィンテージの05年が各会場で並居る強豪を押しのけ、最低価格でありながら軒並み最高評価を獲得したのです!更に、2008年ー2015年にはゴルフ世界4大大会の一つマスターズが開催される 【オーガスタ・ナショナル・ゴルフグラブ】で期間中にワインがオンリストされるなど注目を集めることになります。 【サンタ・バーバラ郡との出会い】 オーナーのディアバーグ氏は長年、最高品質のボルドー品種を産み出すためボルドーからナパ、サンタ・バーバラの大地を見て回っていました。そして、現在ワイナリーがあるサンタ・バーバラAVA内サンタ・イネズ・ヴァレーに辿り着きます。サンタバーバラは冷涼な土地柄ピノ・ノワールやシャルドネの名産地としてのみ認識されていましたが、その東方に広がるサンタ・イネズの地(標高450mの温暖な産地)にカベルネのポテンシャルを見出しこの地でワイン造りを行う事を決心します。 【2009年新しくハッピー・キャニオンAVAが誕生!】 この地はボルドー品種の為に存在したといっても過言ではない!!スターレーン畑が広がるサンタ・イネズ・ヴァレー最東端の一角は、他のサンタ・バーバラ州のワイン産地とは気候帯(ウィンケラーの積算温度ではこの地はリジョン3に分けられるが、それ以外の地域はリジョン1)、土壌環境(伝統的な地域の多くは粘土を含む砂質土壌であるのに対しこの地は岩・石・砂利を含む土壌)、標高が大きく異なり(標高が200-500mと高い山地で高低差は300m程)ボルドー品種にとって最高の環境が揃います。このことから、2009年ボルドー品種にとってその類まれなるポテンシャルがあることが認められスターレーンの畑を含む約3156haの地が新しく「ハッピー・キャニオン・オブ・サンタ・バーバラ」としてAVA認定されました。 現在、約230haの地でブドウ畑が栽培されその注目度の高さから、今後多くの生産者が新しくブドウ栽培をすると予想されています。スターレーンは現在一番標高の高い、カベルネの栽培にとって最高の環境に畑を所有し、その敷地面積も96haと最高にして最大の生産者となっています。 世界的なボルドーブレンドを造りたいという夢を実現させた 実は銀行業で成功を成したオーナーのジム&マリー・ディアバーグ夫妻はスターレーン、ディアバーグブランドを産み出すずっと以前からワイン造りを行ってきました。その歴史は1970年にさかのぼり、氏の地元でもあるアメリカ東部ミズーリ州でワイン造りをスタートさせました。ミズーリ州は禁酒法が施行されるまでアメリカ産ワインの最大の供給産地であり、ワイン産業も進んでいましたが禁酒法解禁後この地でのワイン造りは衰退。カリフォルニア州にその市場を奪われていました。 ディアバーグ氏はまずそんな歴史の中で傾きかけたアメリカで最も古いワイナリー「ハーマノフ醸造所」を購入し再建させました(現在も東部でワイン造りを行い東部で人気の高い蔵として知られています) しかしこの地は冷涼で湿気が多い為、ハイブリッド種やドイツ系品種の栽培が中心で、かねてよりボルドー品種をこよなく愛するディアバーグ氏が目指す国際品種の栽培には適していませんでした。 そこで、氏はボルドー、ナパと世界各国のボルドー品種の栽培に適した産地を10年もの月日をかけて捜し歩きました。そして、運命の地サンタ・バーバラ州に出会うのです。 1996年にサンタ・バーバラ州サンタ・イネズ・ヴァレーでのブドウ栽培を開始。 翌年にはサンタ・マリア・ヴァレーでブルゴーニュ品種の栽培を開始します。2008年には重力を利用した醸造施設が完成し最高のブドウを最高の環境で醸造することが可能となりました。 才能溢れる醸造家 2013年にスターレーン&ディアバーグ ブランドに醸造家として参加したタイラー・トーマス氏。以前勤めていたソノマのドネーラン・ワイナリーで醸造したワインがパーカーポイント100点を獲得するなど、軒並み高評価を獲得してきた注目の醸造家です。コロラド大学で 植物学を専攻した後、カリフォルニア大学UCデイヴィス校で醸造学と栽培学の博士号を取得しました。その後ナパのハイド・ド・ヴィレーヌ等で経験を積み、偉大な畑から偉大なワインを生み出し、高い評価を集めてきました。 トーマス氏は言います。「素晴らしい人々と資源、そしてユニークな土地が存在するほど恵まれた環境は無い。これらが素材となって、他には無い素晴らしいワインを生み出すことが出来る。」世間の注目を集めるドネーランのプロジェクトから離れ、パイオニア精神を持つ家族ワイナリーへ移る事を決めたトーマス氏。「ディアバーグは偉大なワインを生み出すのに必要な精神を持っている」と話します。「品質第一主義で、そのクオリティの証明に邁進し、多種多様な畑を丹精込めて耕し、ワイナリーの設備を最高の環境に整え、更には長い時間をかけて畑に隠された偉大な力を見出そうとビジョンを持つワイナリーだ」と。 トーマス氏が掲げるゴールは、彼自身の力を引出し、喜びを与えてくれる、そんなワインだと言います。快楽的であり知的で、何度も何度も飲みたくなるようなワイン造りを目指します。 サンタバーバラのテロワールを最大限に活かす 素晴らしいワインは畑から産まれるテロワールを語るワインが目指すワイン。 サンフランシスコから南に約500kmの地点に位置するサンタ・バーバラ州。この地は南北アメリカ大陸中唯一山脈が東西に走る珍しい地形環境を持つ産地です。沿岸部に位置しながらもこの山脈の影響で、南から吹き付ける冷たい霧・風は全てシャットアウトされることから霧や風は西側の淵源部からのみ入ることができます。 これらの冷たい霧風は朝10:30頃まで沿岸部の畑に停滞し、午後2時過ぎ頃から東の内陸部へ移動していきます。そして朝早くに西の海へと戻っていきます。この為、西側の沿岸部(サンタ・マリア・ヴァレー、サンタ・リタ・ヒルズ)は午前中は非常に冷涼で、霧が晴れてから日が沈みかけるまでの4時間程だけ十分な太陽の恵みを受けます。この結果、この地域は一日を通して冷涼な気候となりブルゴーニュ品種が栽培され、ディアバーグシリーズとしてボトリングされます。 一方スターレーンシリーズとディアバーグシリーズのシラーが産み出されるのは、ずっと内陸部に入ったサンタ・イネズヴァレー(南東部)になり、海からの影響が少なく冷たい霧が到達する午後過ぎまで十分な日照量に恵まれ温暖な気候が広がります。スターレーン(ボルドー品種)、ディアバーグ(シラー)は標高200-500M程の所で栽培され、標高の低い地帯(シラーやソーヴィニヨンが栽培される)は霧の影響や風の影響で冷涼ですが、ボルドー品種が栽培される地区は標高が高く一番標高の高い地帯には霧も届かないことから寒暖差はあるものの、ボルドー品種(カベルネ)の生育に必要な最適な気温帯が一日を通して存在します。 沿岸部のサンタ・マリア・ヴァレーから東のサンタ・イネズ・ヴァレーまでの距離はたった32キロほどしか離れていませんが、太平洋の影響で気温帯が大きく異なりその差は8度程になることからワイナリーではあえてブランドを2つに棲み分けしそれぞれのテロワールを伝えています。 第一の選果 ブドウの選果は畑から、重力を利用した4層構造の醸造所 収穫には熟練のスタッフがはさみで、完璧なブドウだけを一房毎に丁寧に収穫します。収穫のタイミングは毎朝、醸造家自らが畑におもむき栽培家と相談しながら決定します。 収穫は勿論一番涼しい早朝に行われ収穫されたブドウは直ちに敷地内にある醸造施設へと持ち込まれます。 伝統的な4層構造の重力を利用した醸造施設(完成2008年)で醸造は行われます。まず、一番上の階層に収穫ブドウを持ち込み、重力を利用しながら下へ下へと落としながら醸造・熟成をおこないます。 屋上部分で収穫されたブドウを受け取り2度目の選果を実施。収穫さされたブドウはワイナリー3階部分に持ちこまれます。この場所で、選果・破砕・プレス(白ブドウ)が行われます。 エアーカッター搭載の高速にして完璧な選果機使用:アメリカでもまだ数十台しかない特別な選果機、マストロ(通称モンスター)を使用。品種や畑の特徴毎に選果の状態をコントロールできる最高の機械で、空気による風圧を利用して高速に完璧にブドウをより分けます。 このマストロを使用することで、未熟なブドウや、レーズン状になったもの、カビが生えたもの、傷ついたものなどを除き完璧に選果することができます。

よりどり6本以上送料無料商品 アストラル 2010 スターレーン ヴィンヤード Astral 2010 Star Lane Vineyard 赤 ワイン アメリカ カリフォルニア 送料無料 —— 8,300円