ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 アルパマンタ ブレバ ロゼ 2017 アルパマンタ エステイト ワインズ Alpamanta Breva Rose 2017 Alpamanta Estate Wines ロゼ ワイン アルゼンチン 爆買い,2019

Alpamanta Estate Wines アルパマンタ エステイト・ワインズ アルゼンチン ビオディナミ。太陽の国が魅せる大地のパワー! ビオディナミ・プレミアム・アルゼンチンワイン!!2005年、伝統的なワイン産地ヨーロッパで代々ワイン産業に携わってきた家系出身の3人の友人、オーストリアのアンドレイ・ラストモスキィ、同氏の従兄弟であるアンドレ・ホフマン氏がスイスから、そしてフランスからはジェレミー・デレコート氏が、ニューワールドで最もブドウ栽培に適した地域であるアルゼンチンのメンドーサに集結し、ブティックワイナリーを創設しました。 2005年にメンドーサから38KM南方の銘醸地ルハン・デ・クージ南部、手付かずの自然が残るウガルテチの地に35haの土地を購入。生態系との調和の中でワインを産み出すことをモットーにブドウを栽培、ビオディナミの認定機関デメテール認定をアルゼンチンで最初に取得(2010年)しました。 アルゼンチン産のナチュラルワイン。So2の使用はボトリング前にごく少量(30-35mg/l)のみ使用し、ノンフィルターで仕上げたシラーで作るロゼワイン。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 アルゼンチン ●地域 メンドーサ州 / ルハン・デ・クージョ(Lujan de Cuyo) ●ブドウ品種 ●タイプ 白・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:プレス後、72時間 コンクリートタンクで低温でデブルバージュし、滓引き。卵型のコンクリートタンクで天然酵母のみで4カ月かけて醗酵(MLF無) 熟成:卵型のコンクリートタンク 11ヶ月。 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック / オーガニック認証機関:(ビオディナミ)Demeter・(ビオロジック)Argencert ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Alpamanta Estate Wines アルパマンタ エステイト・ワインズ Alpamanta Estate Wines アルパマンタ エステイト・ワインズ アルゼンチン ビオディナミ。太陽の国が魅せる大地のパワー! メンドーサの魅力に虜にされた男たちのロマンが産み出した ビオディナミ・プレミアム・アルゼンチンワイン 2005年、伝統的なワイン産地ヨーロッパで代々ワイン産業に携わってきた家系出身の3人の友人、オーストリアのアンドレイ・ラストモスキィ、同氏の従兄弟であるアンドレ・ホフマン氏がスイスから、そしてフランスからはジェレミー・デレコート氏が、ニューワールドで最もブドウ栽培に適した地域であるアルゼンチンのメンドーサに集結し、ブティックワイナリーを創設しました。 アルゼンチン ビオディナミの先駆者 2005年にメンドーサから38KM南方の銘醸地ルハン・デ・クージ南部、手付かずの自然が残るウガルテチの地に35haの土地を購入。生態系との調和の中でワインを産み出すことをモットーにブドウを栽培、ビオディナミの認定機関デメテール認定をアルゼンチンで最初に取得(2010年)しました。 生態系との調和の中で地域の特徴を表現 畑では一切殺虫剤、除草剤を使用せず、自家製のビオディナミ調合剤を使用。 動物を飼育し、雑草を食べさせたり自家製の堆肥を造り使用しています。 醸造面においても天然酵母を使用しSO2も最小限に抑え、メンドーサのテロワール、太陽の恵みを表現した極上のワインをコンセプトにワイン造りを行っています。 Alpamanta (アルパマンタ) : “地を愛する” 代々インディアンの文化の軸となってきたのは、自然・環境とのハーモニーの中で働き、共存する、ということ。多様なキャラクターを持つ異なる大地を耕し、ビオディナミを通して一貫性を持たせそれを表現。環境に優しい畑がアルパマンタのテロワールであるというメッセージを込めワイン造りを行います。 ラベルのモチーフとなっているのはフクロウは、この土地を購入した際に訪れた最初の訪問者で、またビオディナミを行う畑の水の活性化も意味しているのです。

よりどり6本以上送料無料商品 アルパマンタ ブレバ ロゼ 2017 アルパマンタ エステイト ワインズ Alpamanta Breva Rose 2017 Alpamanta Estate Wines ロゼ ワイン アルゼンチン 爆買い,2019 —— 2,600円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 タヴェル ロゼ ラ ダム ルス 2017 ドメーヌ ド ラ モルドレ Tavel Rose La Dame Rousse 2017 Domaine de la Mordoree ロゼ ワイン フランス コート デュ ローヌ 新

Domaine de la Mordoree ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ 畑は、小石混じりの粘土、白亜、砂質土壌です。収穫は手で行い、収穫量は44hl/haです。100%除梗して、低温で醸しを48時間行い、ニューマティックプレスで圧搾します。18度で発酵させます。デロルムはこのワインについて、「最も伝統的なタヴェル ロゼを造っていると思っている。伝統的とは、集約されていて力強いワインのことだ。多くの生産者は、マーケットに合わせるという口実で軽く飲みやすいものを造っているが、それではプロヴァンスのロゼと同じになってしまう。タヴェル・ロゼに期待することと、プロヴァンス・ロゼに期待することは違う。万人向けのものではなく、タヴェル・ロゼを期待している、ワインを良く知っている人が飲んでいる。」と語っています。誰もが認める最高のタヴェル・ロゼです。 「ダム・ルス」とは、「赤毛の女性」の意味です。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 コート・デュ・ローヌ地方 / 南部・タヴェル ●ブドウ品種 グルナッシュ60%、シラー15%、クレレット15%、サンソー10% / 平均樹齢:35年 ●タイプ ロゼ・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオ・ロジック / AB認証、ユーロリーフ(表示あり) ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 「ラ ルヴュ ド ヴァン ド フランス 612」で13.5点、「ヴィノス 2017.06」で91点、「ワイン&スピリッツス 2017.08」で92点、「ワインスペクテーター 2017.08.31」で90点、「ワインスペクテーター 2018.1.31-2.28」で90点 ワイン・スペクテーター得点: ワイン・アドヴォケイト得点: ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 (株)稲葉 Domaine de la Mordoree ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ Domaine de la Mordoree ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ ワイン造りの哲学は「ナチュラル」/BORN TO MAKE WINE! コート・デュ・ローヌ南部のスーパースター【クリストフ・デロルム】は、ローヌ河右岸のタヴェルで今最も注目されている生産者です。1987年に父親のフランシス・デロルムによって設立されたのですが、それ以前はフランシスとともに、原子力発電所の防護服を作る仕事をしていました。 ある時、フランシスに、「ワインを造りたいか?」と聞かれて、クリストフは「私は自然が好きだし、土が好きだからやってみたい!」と言ったそうです。1989年に父親が交通事故にあって以来、クリストフが中心となって、タヴェル・ロゼ、シャトーヌフ・デュ・パプ、リラック、コート・デュ・ローヌなどの見事なワインを産出しています。テロワールをリスペクトし、本物を造ることを心がけています。感性でワイン造りをしており、マニュアルは一切無く、ヴィンテージ毎に醸造方法は異なります。現在63haで栽培していますが、10ha借りている畑があり、2011年からは自社畑100%にする予定です。 シャトーヌフとタヴェルの古い樹齢の畑は、馬(名前はサコ)を使って耕しています。機械では根を傷つけてしまう可能性がありますが、馬はデリケートに扱うことが出来ます。クリストフ・デロルムは、僅か10年そこそこで一流生産者の仲間入りをしただけでなく、多くの生産者から尊敬されています。彼をほめたたえる人達がほとんどです。 例えばもう一人のローヌのスター、【イヴ・グラ】は、私どもがこれからモルドレに行くと伝えると「何度か彼のワインを飲んだけど本当にすばらしいね。」といいます。ドメーヌ名となっている「モルドレ」とは、ラベルにも描かれているヤマシギのこの地方でのニックネームです。 ドロルム兄弟は、その若さにもかかわらず、20年近くにわたりガール県のリラックのアペラシオンでは揺るぎのないリーダーであり、ワインの品質を前代未聞のレベルまで引き上げた。近代的な醸造と熟成を頼りに、ワインは力強くすらりとし、洗練され、繊細で芳しい個性があり(特に見事な白では)、粗野なところがなく、はっきりとした性格を持っている。彼らはさらにシャトーヌフ・デュ・パプにおいても、上品なワインの輝きを探求し続けることができた。 ベタンヌ&ドゥソーヴ「フランスワイン格付け」

よりどり6本以上送料無料商品 タヴェル ロゼ ラ ダム ルス 2017 ドメーヌ ド ラ モルドレ Tavel Rose La Dame Rousse 2017 Domaine de la Mordoree ロゼ ワイン フランス コート デュ ローヌ 新 —— 2,500円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 タヴェル ロゼ ラ レイヌ デ ボワ 2017 ドメーヌ ド ラ モルドレ Tavel Rose La Reine des Bois 2017 Domaine de la Mordoree ロゼ ワイン フランス コート デュ

Domaine de la Mordoree ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ 100%除梗します。48時間低温で醸しを行い、その後ニューマティックプレスで圧搾、18度で発酵します。明るく輝きのあるバラ色。フランボワーズやイチゴジャムの驚異的な香りと共に、春の花、砕いた石、そしてシトラスの香りが感じられます。エレガントですがフルボディ、極めてドライ、そして口に含んだ途端に味わいが広がる、驚きのロゼです。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 コート・デュ・ローヌ地方 / 南部地域・タヴェル ●ブドウ品種 グルナッシュ60%、クレレット15%、サンソー10%、シラー10%、ブールブーラン5% 平均樹齢:41年 ●タイプ ロゼ・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 澱と共にステンレスタンクで熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 (株)稲葉 Domaine de la Mordoree ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ Domaine de la Mordoree ドメーヌ・ド・ラ・モルドレ ワイン造りの哲学は「ナチュラル」/BORN TO MAKE WINE! コート・デュ・ローヌ南部のスーパースター【クリストフ・デロルム】は、ローヌ河右岸のタヴェルで今最も注目されている生産者です。1987年に父親のフランシス・デロルムによって設立されたのですが、それ以前はフランシスとともに、原子力発電所の防護服を作る仕事をしていました。 ある時、フランシスに、「ワインを造りたいか?」と聞かれて、クリストフは「私は自然が好きだし、土が好きだからやってみたい!」と言ったそうです。1989年に父親が交通事故にあって以来、クリストフが中心となって、タヴェル・ロゼ、シャトーヌフ・デュ・パプ、リラック、コート・デュ・ローヌなどの見事なワインを産出しています。テロワールをリスペクトし、本物を造ることを心がけています。感性でワイン造りをしており、マニュアルは一切無く、ヴィンテージ毎に醸造方法は異なります。現在63haで栽培していますが、10ha借りている畑があり、2011年からは自社畑100%にする予定です。 シャトーヌフとタヴェルの古い樹齢の畑は、馬(名前はサコ)を使って耕しています。機械では根を傷つけてしまう可能性がありますが、馬はデリケートに扱うことが出来ます。クリストフ・デロルムは、僅か10年そこそこで一流生産者の仲間入りをしただけでなく、多くの生産者から尊敬されています。彼をほめたたえる人達がほとんどです。 例えばもう一人のローヌのスター、【イヴ・グラ】は、私どもがこれからモルドレに行くと伝えると「何度か彼のワインを飲んだけど本当にすばらしいね。」といいます。ドメーヌ名となっている「モルドレ」とは、ラベルにも描かれているヤマシギのこの地方でのニックネームです。 ドロルム兄弟は、その若さにもかかわらず、20年近くにわたりガール県のリラックのアペラシオンでは揺るぎのないリーダーであり、ワインの品質を前代未聞のレベルまで引き上げた。近代的な醸造と熟成を頼りに、ワインは力強くすらりとし、洗練され、繊細で芳しい個性があり(特に見事な白では)、粗野なところがなく、はっきりとした性格を持っている。彼らはさらにシャトーヌフ・デュ・パプにおいても、上品なワインの輝きを探求し続けることができた。 ベタンヌ&ドゥソーヴ「フランスワイン格付け」

よりどり6本以上送料無料商品 タヴェル ロゼ ラ レイヌ デ ボワ 2017 ドメーヌ ド ラ モルドレ Tavel Rose La Reine des Bois 2017 Domaine de la Mordoree ロゼ ワイン フランス コート デュ —— 3,200円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ルージュ 2014 シャトー カナデル Bandol Rouge 2014 CHATEAU CANADEL 赤 ワイン フランス プロヴァンス 超激得,正規品

CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル!! シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせたワイナリーです。2009年から2013年までの間、カナデルを最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエにて、畑の管理から醸造まで学びます。そうして学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリースされました。 2014年初リリース。デビューと同時にワイン評価誌で最高評価を得たことで一躍注目を浴びる存在に。バンドール特有の濃密で滑らかなテクスチャーとスパイスのアクセント。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 フランス ●地域 プロヴァンス地方 / バンドール / A.O.P.バンドール ●ブドウ品種 ムールヴェードル 70% / サンソー 20% / グルナッシュ 6% / シラー 4% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:コンクリート・タンクで主醗酵後、50hl・80hlの樫樽でMLF / 熟成:フレンチオーク樽にて18カ月間熟成(アリエ産) ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル! デビューと同時にトップワイナリーへ バンドールの新星現る シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせました。2009年ー2013年までの間、最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエで、畑の管理から醸造まで学びます。学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリース。 リリースと同時に、「バンドールに若い夫婦が営む、トップクラスのワイナリーが誕生した」と業界では大きな話題となります。カナデルの畑は、バンドールの父とも言えるドメーヌ・タンピエのすぐ隣ということもあり当初から注目をされていました。畑を含んだ丘全体を買い取ったという大胆な試みは、十分に話題性に富んでいます。しかし実際にリリースされると、その前評判以上にワインそのものの素晴らしさに世界が驚きます。彼らのバンドール・ロゼ2015ヴィンテージが、世界中からワインが集い、数多ある中からトップワインを決める「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2016」において、全体でわずか31本しか選ばれない「PLATINUM」に選出、96点という高得点をいきなり叩き出したのです。 タンピエでの経験を積んだ若きオーナー夫妻 ロールはレウニオン(フランス国外県)で農業エンジニアとして、フルーツや野菜の栽培、コンサルタント、さらにはジャーナリストとしても活躍していました。ヴィアネイはフランス北部のセーヌ・エ・マルヌの農家の出身で、シリアルの栽培に従事していました。夫婦ともに北アフリカで農業エンジニアとして活躍をしていた二人は、ロールの両親がやっとの思いで手に入れたバンドールの地でワインを作ることを決意、2009年にバンドールに移住することになりました。 夫婦ともに農業での経験は豊富でしたが、ヴィアネイは醸造学を極めるため、モンペリエの醸造学校に通いながら、バンドールのトップ・ドメーヌであるタンピエの扉を叩き、教えを請います。トップワイナリーであらゆる経験を積み、実際に2010年と2012年は彼が醸造を行い、その傍ら自身のワイナリーの畑を改善する、という日々を4年間続けました。 夫婦ともに畑に出ていますが、ロールは栽培責任者、ヴィアネイは醸造責任者としての2人3脚でワイナリーを運営しています。 ムールヴェードルから長熟に耐えうるグランヴァンを。 「ムールヴェードルという、バンドールのテロワールにふさわしい品種を用いて、熟成に耐えうるグランヴァンを作りたい」、それがシャトー・カナデルのワイン哲学です。 バンドールの赤ワインはボルドー・グラン・ヴァン同様に、若いヴィンテージのものは非常に力強く、堅牢な印象の味わいですが、数年の瓶熟成を経ると途端に印象が変わるのが、その大きな特徴と言えます。しっかりとしたストラクチャーは若いうちからも感じられますが、熟成によって堅いタンニンが驚くほど滑らかになり、信じられないほどのエレガントさを表現するようになります。トップノーズにはガリッグやペッパー、杉やタバコといったスパイシーな香り、空気に触れるにしたがいブラックベリーやチェリー、グリオットなどのフルーツの完熟したジューシーなアロマに。味わいにはしっかりとしたタンニンが感じられ、余韻は驚くほど長い。偉大なバンドールがボルドーのグラン・ヴァン同様に長熟するのは、おそらくこの特殊なテロワールとミステリアスな品種であるムールヴェードルのおかげでしょう。 シャトー・カナデル 名前の由来 カナデル(Canadel)は、その住所にあるように、chemin de canadeau (canal + d’eau) 、つまり「水路」を意味する言葉に由来します。 良いワインを造る上で最も大事なことのひとつに土壌の水分量をコントロールすることが挙げられます。丘の上部に位置するシャトー・カナデルの畑は山脈に囲まれています。大雨に見舞われることのある地域ですが、畑の勾配は急で、雨によって表土が流されてしまう恐れがあります。そこで昔からブドウ畑に雨が流れ込まないようにと、「レスタンク」とプロヴァンスの地で呼ばれている、石垣を使った階段によって、畑をテラス状に整備しています。 上級ワインである「キュヴェ・スペシアル」の原語名は「Altum」 と言いますが、これは標高を意味する「altitude」のAlt に「Mourvedre」のMをくっつけた造語です。 さらに亜硫酸完全無添加でアンフォラを使ったキュヴェは、「Cana Tera」(canadel + Terre)と名付けられました(当社未取扱)。 ワイナリーロゴには、16世紀に建てられたカナデルのシャトー、レスタンク(テラス式の石垣)、カナデルのチャペルに描かれている太陽のようなオブジェの3つの要素が表現されています。 自然がつくった最高のテロワール【バンドール】 バンドールは、標高差、立地、降水量、日照量や海側、山側などによっても異なり、非常に複雑なアペラシオンと言えます。非常に気候に恵まれた土地であり、フランスでも名高い高品質のワインできる産地として、世界中のプロテイスターに広く認識されています。平均日照時間は3000時間前後、プロヴァンス地方においても非常に日照時間が多いのがバンドールの特徴です。 北から吹き下ろすミストラルは丘によって守られ、東からくる雷雨もプロヴァンス特有の岸壁によって防がれるため、畑がそうした被害を受けることはまずありません。雨水が畑に流れ込んで表土が崩れてしまうのを防ぐため、ワイナリー名の語源ともなった水路(カナル)を通ってため池(バッサン)に貯まるようなシステムが備わっていますが、文献によるとこれは15世紀頃から存在していたようです。乾燥時にはその水分が徐々に蒸発していき、畑に水分を供給することができます。また夏の南フランスは猛暑になりがちだが、ここでは海風のおかげで暑さが和らぐため、ムールヴェードルの房は焼けてしまうことがなく、完璧な状態で少しずつ完熟へと向かいます。自然によって守られた天然のシステム、まさに最高の立地条件と言える畑をカナデルは所有しています。 凝縮した果実味を生む特殊な土壌 一般的なバンドールのテロワールは、中生代(2億から1億年前の代)の珪土・石灰質土壌が多く、一部、三畳紀の硬い石灰質土壌の塊がある区画もあります。 バンドールはラ・カディエール・ダジュール、ル・キャストレ、オリウールと大きく3つの地区に分かれており、地区によって土壌の特徴は大きく異なります(ここでは分かりやすくするために3つとしていますが、実際はル・ボセ、サナリー・シュール・メール、サン・シー・シュール・メール、サレットも含めた計7地区に分けることができます)。ラ・カディエール・ダジュールには著名なシャトー・ド・ピバルノンやラフラン・ヴェロルといったドメーヌがあり粘土質土壌が多く、オリウールには三畳紀の石灰岩が豊富にあります。ル・キャストレやル・プラン・デュ・キャストレは、粘土石灰質に加え、マール土壌も点在しています。ここにはバンドールを代表するドメーヌ・タンピエ、そしてシャトー・カナデルがあります。 バンドールは、春から夏にかけて非常に乾燥する土地です。しかし青粘土土壌が冬の間に降った雨水を蓄積し膨れ上がり、その水分を乾燥時に少しずつ畑に与えてくれる、いわばスポンジのような役目を担ってくれます。 畑の標高があがるにつれて粘土質土壌が豊富になっていきますが、固まった青粘土質土壌が畑に眠っていることに気づいたのは数年前の土砂崩れの際でした。丘の上から大雨が流れて表土が流れてしまいましたが、そこから青粘土質土壌が顔を出したのです。おそらく古代から続く地殻変動によって隆起した青粘土質部分が隠れてしまったのでしょう。ヴィアネイも「なるほど、ここに古いムールヴェードルの樹が密集して植わっているのは、そのためだったのか」と納得したといいます。土を掘り起こしてみると、そこには青粘土はもちろんのこと、赤茶色の粘土質土壌、一部、壊れやすいが石灰質土壌も出てきます。標高が高く粘土質が豊富な場所にはムールヴェードルが、赤粘土、石灰質土壌が多くやや標高の低い場所にはグルナッシュとサンソーが植えられています。実際ワイナリーで一番標高の高いところには、昔から古木のムールヴェードルが密集しており、その区画のブドウから上級キュヴェ「アルトゥム」は造られます。 青粘土質土壌を持つワイナリーで有名なのは、シャトー・ペトリュス、シャトー・シャロン、シャトー・ディケムという、世界でも最高品質をリリースする有名なワイナリーばかりです。 ムールヴェードルのポテンシャルを最大限引き出す産地 シャトー・カナデルでは設立当初からビオロジック栽培とビオディナミを実践し、除草剤や殺虫剤などは一切使用されていません。植樹法はゴブレ式です。ド・シャトーヴュー家が購入するまで、カナデルはドメーヌ・オットへブドウを100%供給していましたが、それ以降は供給をしていません。 最高のワインを造ることを目指して、当然のように剪定、耕作、全てにおいて丁寧な仕事を行います。バンドール・ワイン委員会の規定はとても厳しく、春から夏にかけてのヴァンダンジュ・ヴェルト(青摘み)を行わなうという規定がありますが、青摘みをすることによって枝を増やせないようにし、収穫量を抑えるとともに、高い凝縮感を維持できるようにするためです。さらに、1ha当たりの株密度は、最低5000本以上という規定もカナデルはもちろんこの規定を難なくクリアしています。 ムールヴェードルはバンドールの代名詞的存在の品種で、ワイナリーでも75%ー90%の割合で赤ワインにアサンブラージュしています。この品種は非常に栽培が難しく、天候に左右されやすく、日照時間が必要なブドウです。健全な状態で収穫されたムールヴェードルはワインに素晴らしいフィネスやエレガンスをもたらします。南フランスは非常に暑いワイン産地ですが、このバンドールという地域は冷たい風が吹く場所で、それがムールヴェードルを素晴らしい状態に成熟させる大きな要因です。バンドールのこの冷たい風はブドウや表土の温度を下げる役割を果たすため、ブドウは一気に完熟せずゆっくりと成熟が進行し、ムールヴェードルを最高の状態で収穫することができるのです。

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ルージュ 2014 シャトー カナデル Bandol Rouge 2014 CHATEAU CANADEL 赤 ワイン フランス プロヴァンス 超激得,正規品 —— 3,500円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ルージュ 2015 シャトー カナデル Bandol Rouge 2015 CHATEAU CANADEL 赤 ワイン フランス プロヴァンス 人気SALE,HOT

CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル!! シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせたワイナリーです。2009年から2013年までの間、カナデルを最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエにて、畑の管理から醸造まで学びます。そうして学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリースされました。 2014年初リリース。デビューと同時にワイン評価誌で最高評価を得たことで一躍注目を浴びる存在に。バンドール特有の濃密で滑らかなテクスチャーとスパイスのアクセント。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 フランス ●地域 プロヴァンス地方 / バンドール / A.O.P.バンドール ●ブドウ品種 ムールヴェードル 70% / サンソー 20% / グルナッシュ 6% / シラー 4% ●タイプ 赤・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:コンクリート・タンクで主醗酵後、50hl・80hlの樫樽でMLF / 熟成:フレンチオーク樽にて18カ月間熟成(アリエ産) ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル! デビューと同時にトップワイナリーへ バンドールの新星現る シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせました。2009年ー2013年までの間、最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエで、畑の管理から醸造まで学びます。学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリース。 リリースと同時に、「バンドールに若い夫婦が営む、トップクラスのワイナリーが誕生した」と業界では大きな話題となります。カナデルの畑は、バンドールの父とも言えるドメーヌ・タンピエのすぐ隣ということもあり当初から注目をされていました。畑を含んだ丘全体を買い取ったという大胆な試みは、十分に話題性に富んでいます。しかし実際にリリースされると、その前評判以上にワインそのものの素晴らしさに世界が驚きます。彼らのバンドール・ロゼ2015ヴィンテージが、世界中からワインが集い、数多ある中からトップワインを決める「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2016」において、全体でわずか31本しか選ばれない「PLATINUM」に選出、96点という高得点をいきなり叩き出したのです。 タンピエでの経験を積んだ若きオーナー夫妻 ロールはレウニオン(フランス国外県)で農業エンジニアとして、フルーツや野菜の栽培、コンサルタント、さらにはジャーナリストとしても活躍していました。ヴィアネイはフランス北部のセーヌ・エ・マルヌの農家の出身で、シリアルの栽培に従事していました。夫婦ともに北アフリカで農業エンジニアとして活躍をしていた二人は、ロールの両親がやっとの思いで手に入れたバンドールの地でワインを作ることを決意、2009年にバンドールに移住することになりました。 夫婦ともに農業での経験は豊富でしたが、ヴィアネイは醸造学を極めるため、モンペリエの醸造学校に通いながら、バンドールのトップ・ドメーヌであるタンピエの扉を叩き、教えを請います。トップワイナリーであらゆる経験を積み、実際に2010年と2012年は彼が醸造を行い、その傍ら自身のワイナリーの畑を改善する、という日々を4年間続けました。 夫婦ともに畑に出ていますが、ロールは栽培責任者、ヴィアネイは醸造責任者としての2人3脚でワイナリーを運営しています。 ムールヴェードルから長熟に耐えうるグランヴァンを。 「ムールヴェードルという、バンドールのテロワールにふさわしい品種を用いて、熟成に耐えうるグランヴァンを作りたい」、それがシャトー・カナデルのワイン哲学です。 バンドールの赤ワインはボルドー・グラン・ヴァン同様に、若いヴィンテージのものは非常に力強く、堅牢な印象の味わいですが、数年の瓶熟成を経ると途端に印象が変わるのが、その大きな特徴と言えます。しっかりとしたストラクチャーは若いうちからも感じられますが、熟成によって堅いタンニンが驚くほど滑らかになり、信じられないほどのエレガントさを表現するようになります。トップノーズにはガリッグやペッパー、杉やタバコといったスパイシーな香り、空気に触れるにしたがいブラックベリーやチェリー、グリオットなどのフルーツの完熟したジューシーなアロマに。味わいにはしっかりとしたタンニンが感じられ、余韻は驚くほど長い。偉大なバンドールがボルドーのグラン・ヴァン同様に長熟するのは、おそらくこの特殊なテロワールとミステリアスな品種であるムールヴェードルのおかげでしょう。 シャトー・カナデル 名前の由来 カナデル(Canadel)は、その住所にあるように、chemin de canadeau (canal + d’eau) 、つまり「水路」を意味する言葉に由来します。 良いワインを造る上で最も大事なことのひとつに土壌の水分量をコントロールすることが挙げられます。丘の上部に位置するシャトー・カナデルの畑は山脈に囲まれています。大雨に見舞われることのある地域ですが、畑の勾配は急で、雨によって表土が流されてしまう恐れがあります。そこで昔からブドウ畑に雨が流れ込まないようにと、「レスタンク」とプロヴァンスの地で呼ばれている、石垣を使った階段によって、畑をテラス状に整備しています。 上級ワインである「キュヴェ・スペシアル」の原語名は「Altum」 と言いますが、これは標高を意味する「altitude」のAlt に「Mourvedre」のMをくっつけた造語です。 さらに亜硫酸完全無添加でアンフォラを使ったキュヴェは、「Cana Tera」(canadel + Terre)と名付けられました(当社未取扱)。 ワイナリーロゴには、16世紀に建てられたカナデルのシャトー、レスタンク(テラス式の石垣)、カナデルのチャペルに描かれている太陽のようなオブジェの3つの要素が表現されています。 自然がつくった最高のテロワール【バンドール】 バンドールは、標高差、立地、降水量、日照量や海側、山側などによっても異なり、非常に複雑なアペラシオンと言えます。非常に気候に恵まれた土地であり、フランスでも名高い高品質のワインできる産地として、世界中のプロテイスターに広く認識されています。平均日照時間は3000時間前後、プロヴァンス地方においても非常に日照時間が多いのがバンドールの特徴です。 北から吹き下ろすミストラルは丘によって守られ、東からくる雷雨もプロヴァンス特有の岸壁によって防がれるため、畑がそうした被害を受けることはまずありません。雨水が畑に流れ込んで表土が崩れてしまうのを防ぐため、ワイナリー名の語源ともなった水路(カナル)を通ってため池(バッサン)に貯まるようなシステムが備わっていますが、文献によるとこれは15世紀頃から存在していたようです。乾燥時にはその水分が徐々に蒸発していき、畑に水分を供給することができます。また夏の南フランスは猛暑になりがちだが、ここでは海風のおかげで暑さが和らぐため、ムールヴェードルの房は焼けてしまうことがなく、完璧な状態で少しずつ完熟へと向かいます。自然によって守られた天然のシステム、まさに最高の立地条件と言える畑をカナデルは所有しています。 凝縮した果実味を生む特殊な土壌 一般的なバンドールのテロワールは、中生代(2億から1億年前の代)の珪土・石灰質土壌が多く、一部、三畳紀の硬い石灰質土壌の塊がある区画もあります。 バンドールはラ・カディエール・ダジュール、ル・キャストレ、オリウールと大きく3つの地区に分かれており、地区によって土壌の特徴は大きく異なります(ここでは分かりやすくするために3つとしていますが、実際はル・ボセ、サナリー・シュール・メール、サン・シー・シュール・メール、サレットも含めた計7地区に分けることができます)。ラ・カディエール・ダジュールには著名なシャトー・ド・ピバルノンやラフラン・ヴェロルといったドメーヌがあり粘土質土壌が多く、オリウールには三畳紀の石灰岩が豊富にあります。ル・キャストレやル・プラン・デュ・キャストレは、粘土石灰質に加え、マール土壌も点在しています。ここにはバンドールを代表するドメーヌ・タンピエ、そしてシャトー・カナデルがあります。 バンドールは、春から夏にかけて非常に乾燥する土地です。しかし青粘土土壌が冬の間に降った雨水を蓄積し膨れ上がり、その水分を乾燥時に少しずつ畑に与えてくれる、いわばスポンジのような役目を担ってくれます。 畑の標高があがるにつれて粘土質土壌が豊富になっていきますが、固まった青粘土質土壌が畑に眠っていることに気づいたのは数年前の土砂崩れの際でした。丘の上から大雨が流れて表土が流れてしまいましたが、そこから青粘土質土壌が顔を出したのです。おそらく古代から続く地殻変動によって隆起した青粘土質部分が隠れてしまったのでしょう。ヴィアネイも「なるほど、ここに古いムールヴェードルの樹が密集して植わっているのは、そのためだったのか」と納得したといいます。土を掘り起こしてみると、そこには青粘土はもちろんのこと、赤茶色の粘土質土壌、一部、壊れやすいが石灰質土壌も出てきます。標高が高く粘土質が豊富な場所にはムールヴェードルが、赤粘土、石灰質土壌が多くやや標高の低い場所にはグルナッシュとサンソーが植えられています。実際ワイナリーで一番標高の高いところには、昔から古木のムールヴェードルが密集しており、その区画のブドウから上級キュヴェ「アルトゥム」は造られます。 青粘土質土壌を持つワイナリーで有名なのは、シャトー・ペトリュス、シャトー・シャロン、シャトー・ディケムという、世界でも最高品質をリリースする有名なワイナリーばかりです。 ムールヴェードルのポテンシャルを最大限引き出す産地 シャトー・カナデルでは設立当初からビオロジック栽培とビオディナミを実践し、除草剤や殺虫剤などは一切使用されていません。植樹法はゴブレ式です。ド・シャトーヴュー家が購入するまで、カナデルはドメーヌ・オットへブドウを100%供給していましたが、それ以降は供給をしていません。 最高のワインを造ることを目指して、当然のように剪定、耕作、全てにおいて丁寧な仕事を行います。バンドール・ワイン委員会の規定はとても厳しく、春から夏にかけてのヴァンダンジュ・ヴェルト(青摘み)を行わなうという規定がありますが、青摘みをすることによって枝を増やせないようにし、収穫量を抑えるとともに、高い凝縮感を維持できるようにするためです。さらに、1ha当たりの株密度は、最低5000本以上という規定もカナデルはもちろんこの規定を難なくクリアしています。 ムールヴェードルはバンドールの代名詞的存在の品種で、ワイナリーでも75%ー90%の割合で赤ワインにアサンブラージュしています。この品種は非常に栽培が難しく、天候に左右されやすく、日照時間が必要なブドウです。健全な状態で収穫されたムールヴェードルはワインに素晴らしいフィネスやエレガンスをもたらします。南フランスは非常に暑いワイン産地ですが、このバンドールという地域は冷たい風が吹く場所で、それがムールヴェードルを素晴らしい状態に成熟させる大きな要因です。バンドールのこの冷たい風はブドウや表土の温度を下げる役割を果たすため、ブドウは一気に完熟せずゆっくりと成熟が進行し、ムールヴェードルを最高の状態で収穫することができるのです。

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ルージュ 2015 シャトー カナデル Bandol Rouge 2015 CHATEAU CANADEL 赤 ワイン フランス プロヴァンス 人気SALE,HOT —— 3,500円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ロゼ 2016 シャトー カナデル Bandol Rose 2016 CHATEAU CANADEL ロゼ ワイン フランス プロヴァンス 格安,SALE

CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル!! シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせたワイナリーです。2009年から2013年までの間、カナデルを最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエにて、畑の管理から醸造まで学びます。そうして学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリースされました。 2014年初リリース。デビューと同時に世界的ワイン評価誌で最高評価を得たことで一躍注目を浴びる存在となった。様々なフルーツとハーブ、ミネラル。フレッシュかつリッチなロゼ。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 フランス ●地域 プロヴァンス地方 / バンドール / A.O.P.バンドール ●ブドウ品種 ムールヴェードル 50% / サンソー 40% / グルナッシュ 10% ●タイプ ロゼ・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 製法:ムールヴェードル、グルナッシュについてはマセラシオン(24時間)、サンソーはセニエ式 / 醗酵:ステンレス、コンクリートタンク併用(MLF無) / 熟成:6カ月間 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 「デキャンター」 93点 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル! デビューと同時にトップワイナリーへ バンドールの新星現る シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせました。2009年ー2013年までの間、最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエで、畑の管理から醸造まで学びます。学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリース。 リリースと同時に、「バンドールに若い夫婦が営む、トップクラスのワイナリーが誕生した」と業界では大きな話題となります。カナデルの畑は、バンドールの父とも言えるドメーヌ・タンピエのすぐ隣ということもあり当初から注目をされていました。畑を含んだ丘全体を買い取ったという大胆な試みは、十分に話題性に富んでいます。しかし実際にリリースされると、その前評判以上にワインそのものの素晴らしさに世界が驚きます。彼らのバンドール・ロゼ2015ヴィンテージが、世界中からワインが集い、数多ある中からトップワインを決める「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2016」において、全体でわずか31本しか選ばれない「PLATINUM」に選出、96点という高得点をいきなり叩き出したのです。 タンピエでの経験を積んだ若きオーナー夫妻 ロールはレウニオン(フランス国外県)で農業エンジニアとして、フルーツや野菜の栽培、コンサルタント、さらにはジャーナリストとしても活躍していました。ヴィアネイはフランス北部のセーヌ・エ・マルヌの農家の出身で、シリアルの栽培に従事していました。夫婦ともに北アフリカで農業エンジニアとして活躍をしていた二人は、ロールの両親がやっとの思いで手に入れたバンドールの地でワインを作ることを決意、2009年にバンドールに移住することになりました。 夫婦ともに農業での経験は豊富でしたが、ヴィアネイは醸造学を極めるため、モンペリエの醸造学校に通いながら、バンドールのトップ・ドメーヌであるタンピエの扉を叩き、教えを請います。トップワイナリーであらゆる経験を積み、実際に2010年と2012年は彼が醸造を行い、その傍ら自身のワイナリーの畑を改善する、という日々を4年間続けました。 夫婦ともに畑に出ていますが、ロールは栽培責任者、ヴィアネイは醸造責任者としての2人3脚でワイナリーを運営しています。 ムールヴェードルから長熟に耐えうるグランヴァンを。 「ムールヴェードルという、バンドールのテロワールにふさわしい品種を用いて、熟成に耐えうるグランヴァンを作りたい」、それがシャトー・カナデルのワイン哲学です。 バンドールの赤ワインはボルドー・グラン・ヴァン同様に、若いヴィンテージのものは非常に力強く、堅牢な印象の味わいですが、数年の瓶熟成を経ると途端に印象が変わるのが、その大きな特徴と言えます。しっかりとしたストラクチャーは若いうちからも感じられますが、熟成によって堅いタンニンが驚くほど滑らかになり、信じられないほどのエレガントさを表現するようになります。トップノーズにはガリッグやペッパー、杉やタバコといったスパイシーな香り、空気に触れるにしたがいブラックベリーやチェリー、グリオットなどのフルーツの完熟したジューシーなアロマに。味わいにはしっかりとしたタンニンが感じられ、余韻は驚くほど長い。偉大なバンドールがボルドーのグラン・ヴァン同様に長熟するのは、おそらくこの特殊なテロワールとミステリアスな品種であるムールヴェードルのおかげでしょう。 シャトー・カナデル 名前の由来 カナデル(Canadel)は、その住所にあるように、chemin de canadeau (canal + d’eau) 、つまり「水路」を意味する言葉に由来します。 良いワインを造る上で最も大事なことのひとつに土壌の水分量をコントロールすることが挙げられます。丘の上部に位置するシャトー・カナデルの畑は山脈に囲まれています。大雨に見舞われることのある地域ですが、畑の勾配は急で、雨によって表土が流されてしまう恐れがあります。そこで昔からブドウ畑に雨が流れ込まないようにと、「レスタンク」とプロヴァンスの地で呼ばれている、石垣を使った階段によって、畑をテラス状に整備しています。 上級ワインである「キュヴェ・スペシアル」の原語名は「Altum」 と言いますが、これは標高を意味する「altitude」のAlt に「Mourvedre」のMをくっつけた造語です。 さらに亜硫酸完全無添加でアンフォラを使ったキュヴェは、「Cana Tera」(canadel + Terre)と名付けられました(当社未取扱)。 ワイナリーロゴには、16世紀に建てられたカナデルのシャトー、レスタンク(テラス式の石垣)、カナデルのチャペルに描かれている太陽のようなオブジェの3つの要素が表現されています。 自然がつくった最高のテロワール【バンドール】 バンドールは、標高差、立地、降水量、日照量や海側、山側などによっても異なり、非常に複雑なアペラシオンと言えます。非常に気候に恵まれた土地であり、フランスでも名高い高品質のワインできる産地として、世界中のプロテイスターに広く認識されています。平均日照時間は3000時間前後、プロヴァンス地方においても非常に日照時間が多いのがバンドールの特徴です。 北から吹き下ろすミストラルは丘によって守られ、東からくる雷雨もプロヴァンス特有の岸壁によって防がれるため、畑がそうした被害を受けることはまずありません。雨水が畑に流れ込んで表土が崩れてしまうのを防ぐため、ワイナリー名の語源ともなった水路(カナル)を通ってため池(バッサン)に貯まるようなシステムが備わっていますが、文献によるとこれは15世紀頃から存在していたようです。乾燥時にはその水分が徐々に蒸発していき、畑に水分を供給することができます。また夏の南フランスは猛暑になりがちだが、ここでは海風のおかげで暑さが和らぐため、ムールヴェードルの房は焼けてしまうことがなく、完璧な状態で少しずつ完熟へと向かいます。自然によって守られた天然のシステム、まさに最高の立地条件と言える畑をカナデルは所有しています。 凝縮した果実味を生む特殊な土壌 一般的なバンドールのテロワールは、中生代(2億から1億年前の代)の珪土・石灰質土壌が多く、一部、三畳紀の硬い石灰質土壌の塊がある区画もあります。 バンドールはラ・カディエール・ダジュール、ル・キャストレ、オリウールと大きく3つの地区に分かれており、地区によって土壌の特徴は大きく異なります(ここでは分かりやすくするために3つとしていますが、実際はル・ボセ、サナリー・シュール・メール、サン・シー・シュール・メール、サレットも含めた計7地区に分けることができます)。ラ・カディエール・ダジュールには著名なシャトー・ド・ピバルノンやラフラン・ヴェロルといったドメーヌがあり粘土質土壌が多く、オリウールには三畳紀の石灰岩が豊富にあります。ル・キャストレやル・プラン・デュ・キャストレは、粘土石灰質に加え、マール土壌も点在しています。ここにはバンドールを代表するドメーヌ・タンピエ、そしてシャトー・カナデルがあります。 バンドールは、春から夏にかけて非常に乾燥する土地です。しかし青粘土土壌が冬の間に降った雨水を蓄積し膨れ上がり、その水分を乾燥時に少しずつ畑に与えてくれる、いわばスポンジのような役目を担ってくれます。 畑の標高があがるにつれて粘土質土壌が豊富になっていきますが、固まった青粘土質土壌が畑に眠っていることに気づいたのは数年前の土砂崩れの際でした。丘の上から大雨が流れて表土が流れてしまいましたが、そこから青粘土質土壌が顔を出したのです。おそらく古代から続く地殻変動によって隆起した青粘土質部分が隠れてしまったのでしょう。ヴィアネイも「なるほど、ここに古いムールヴェードルの樹が密集して植わっているのは、そのためだったのか」と納得したといいます。土を掘り起こしてみると、そこには青粘土はもちろんのこと、赤茶色の粘土質土壌、一部、壊れやすいが石灰質土壌も出てきます。標高が高く粘土質が豊富な場所にはムールヴェードルが、赤粘土、石灰質土壌が多くやや標高の低い場所にはグルナッシュとサンソーが植えられています。実際ワイナリーで一番標高の高いところには、昔から古木のムールヴェードルが密集しており、その区画のブドウから上級キュヴェ「アルトゥム」は造られます。 青粘土質土壌を持つワイナリーで有名なのは、シャトー・ペトリュス、シャトー・シャロン、シャトー・ディケムという、世界でも最高品質をリリースする有名なワイナリーばかりです。 ムールヴェードルのポテンシャルを最大限引き出す産地 シャトー・カナデルでは設立当初からビオロジック栽培とビオディナミを実践し、除草剤や殺虫剤などは一切使用されていません。植樹法はゴブレ式です。ド・シャトーヴュー家が購入するまで、カナデルはドメーヌ・オットへブドウを100%供給していましたが、それ以降は供給をしていません。 最高のワインを造ることを目指して、当然のように剪定、耕作、全てにおいて丁寧な仕事を行います。バンドール・ワイン委員会の規定はとても厳しく、春から夏にかけてのヴァンダンジュ・ヴェルト(青摘み)を行わなうという規定がありますが、青摘みをすることによって枝を増やせないようにし、収穫量を抑えるとともに、高い凝縮感を維持できるようにするためです。さらに、1ha当たりの株密度は、最低5000本以上という規定もカナデルはもちろんこの規定を難なくクリアしています。 ムールヴェードルはバンドールの代名詞的存在の品種で、ワイナリーでも75%ー90%の割合で赤ワインにアサンブラージュしています。この品種は非常に栽培が難しく、天候に左右されやすく、日照時間が必要なブドウです。健全な状態で収穫されたムールヴェードルはワインに素晴らしいフィネスやエレガンスをもたらします。南フランスは非常に暑いワイン産地ですが、このバンドールという地域は冷たい風が吹く場所で、それがムールヴェードルを素晴らしい状態に成熟させる大きな要因です。バンドールのこの冷たい風はブドウや表土の温度を下げる役割を果たすため、ブドウは一気に完熟せずゆっくりと成熟が進行し、ムールヴェードルを最高の状態で収穫することができるのです。

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ロゼ 2016 シャトー カナデル Bandol Rose 2016 CHATEAU CANADEL ロゼ ワイン フランス プロヴァンス 格安,SALE —— 2,700円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ロゼ 2017 シャトー カナデル Bandol Rose 2017 CHATEAU CANADEL ロゼ ワイン フランス プロヴァンス 豊富な,2019

CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル!! シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせたワイナリーです。2009年から2013年までの間、カナデルを最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエにて、畑の管理から醸造まで学びます。そうして学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリースされました。 2014年初リリース。デビューと同時に世界的ワイン評価誌で最高評価を得たことで一躍注目を浴びる存在となった。様々なフルーツとハーブ、ミネラル。フレッシュかつリッチなロゼ。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 プロヴァンス地方 / バンドール / A.O.P.バンドール ●ブドウ品種 ムールヴェードル 50% / サンソー 40% / グルナッシュ 10% ●タイプ ロゼ・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 製法:ムールヴェードル、グルナッシュについてはマセラシオン(24時間)、サンソーはセニエ式 / 醗酵:ステンレス、コンクリートタンク併用(MLF無) / 熟成:6カ月間 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 「デキャンター」 93点 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル CHATEAU CANADEL シャトー・カナデル デビュー前から話題沸騰!初リリースでいきなり高評価!バンドールの中心に突如現れたライジングスター、シャトー・カナデル! デビューと同時にトップワイナリーへ バンドールの新星現る シャトー・カナデルは、農業エンジニアであり農業ジャーナリストでもあるロール・ブノワスト氏と、その夫で同じく農業エンジニアで醸造学も修めたヴィアネィの夫婦が、2009年にロールの両親から畑を譲り受けてスタートさせました。2009年ー2013年までの間、最高のバンドールにすべく畑への改革が行われます。ヴィアネィは醸造学を修めながら、バンドールのトップワイナリーであるドメーヌ・タンピエで、畑の管理から醸造まで学びます。学んだことをカナデルの畑の改革に活かし、発展させ、ついに2014年、満を持してファースト・ヴィンテージがリリース。 リリースと同時に、「バンドールに若い夫婦が営む、トップクラスのワイナリーが誕生した」と業界では大きな話題となります。カナデルの畑は、バンドールの父とも言えるドメーヌ・タンピエのすぐ隣ということもあり当初から注目をされていました。畑を含んだ丘全体を買い取ったという大胆な試みは、十分に話題性に富んでいます。しかし実際にリリースされると、その前評判以上にワインそのものの素晴らしさに世界が驚きます。彼らのバンドール・ロゼ2015ヴィンテージが、世界中からワインが集い、数多ある中からトップワインを決める「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード2016」において、全体でわずか31本しか選ばれない「PLATINUM」に選出、96点という高得点をいきなり叩き出したのです。 タンピエでの経験を積んだ若きオーナー夫妻 ロールはレウニオン(フランス国外県)で農業エンジニアとして、フルーツや野菜の栽培、コンサルタント、さらにはジャーナリストとしても活躍していました。ヴィアネイはフランス北部のセーヌ・エ・マルヌの農家の出身で、シリアルの栽培に従事していました。夫婦ともに北アフリカで農業エンジニアとして活躍をしていた二人は、ロールの両親がやっとの思いで手に入れたバンドールの地でワインを作ることを決意、2009年にバンドールに移住することになりました。 夫婦ともに農業での経験は豊富でしたが、ヴィアネイは醸造学を極めるため、モンペリエの醸造学校に通いながら、バンドールのトップ・ドメーヌであるタンピエの扉を叩き、教えを請います。トップワイナリーであらゆる経験を積み、実際に2010年と2012年は彼が醸造を行い、その傍ら自身のワイナリーの畑を改善する、という日々を4年間続けました。 夫婦ともに畑に出ていますが、ロールは栽培責任者、ヴィアネイは醸造責任者としての2人3脚でワイナリーを運営しています。 ムールヴェードルから長熟に耐えうるグランヴァンを。 「ムールヴェードルという、バンドールのテロワールにふさわしい品種を用いて、熟成に耐えうるグランヴァンを作りたい」、それがシャトー・カナデルのワイン哲学です。 バンドールの赤ワインはボルドー・グラン・ヴァン同様に、若いヴィンテージのものは非常に力強く、堅牢な印象の味わいですが、数年の瓶熟成を経ると途端に印象が変わるのが、その大きな特徴と言えます。しっかりとしたストラクチャーは若いうちからも感じられますが、熟成によって堅いタンニンが驚くほど滑らかになり、信じられないほどのエレガントさを表現するようになります。トップノーズにはガリッグやペッパー、杉やタバコといったスパイシーな香り、空気に触れるにしたがいブラックベリーやチェリー、グリオットなどのフルーツの完熟したジューシーなアロマに。味わいにはしっかりとしたタンニンが感じられ、余韻は驚くほど長い。偉大なバンドールがボルドーのグラン・ヴァン同様に長熟するのは、おそらくこの特殊なテロワールとミステリアスな品種であるムールヴェードルのおかげでしょう。 シャトー・カナデル 名前の由来 カナデル(Canadel)は、その住所にあるように、chemin de canadeau (canal + d’eau) 、つまり「水路」を意味する言葉に由来します。 良いワインを造る上で最も大事なことのひとつに土壌の水分量をコントロールすることが挙げられます。丘の上部に位置するシャトー・カナデルの畑は山脈に囲まれています。大雨に見舞われることのある地域ですが、畑の勾配は急で、雨によって表土が流されてしまう恐れがあります。そこで昔からブドウ畑に雨が流れ込まないようにと、「レスタンク」とプロヴァンスの地で呼ばれている、石垣を使った階段によって、畑をテラス状に整備しています。 上級ワインである「キュヴェ・スペシアル」の原語名は「Altum」 と言いますが、これは標高を意味する「altitude」のAlt に「Mourvedre」のMをくっつけた造語です。 さらに亜硫酸完全無添加でアンフォラを使ったキュヴェは、「Cana Tera」(canadel + Terre)と名付けられました(当社未取扱)。 ワイナリーロゴには、16世紀に建てられたカナデルのシャトー、レスタンク(テラス式の石垣)、カナデルのチャペルに描かれている太陽のようなオブジェの3つの要素が表現されています。 自然がつくった最高のテロワール【バンドール】 バンドールは、標高差、立地、降水量、日照量や海側、山側などによっても異なり、非常に複雑なアペラシオンと言えます。非常に気候に恵まれた土地であり、フランスでも名高い高品質のワインできる産地として、世界中のプロテイスターに広く認識されています。平均日照時間は3000時間前後、プロヴァンス地方においても非常に日照時間が多いのがバンドールの特徴です。 北から吹き下ろすミストラルは丘によって守られ、東からくる雷雨もプロヴァンス特有の岸壁によって防がれるため、畑がそうした被害を受けることはまずありません。雨水が畑に流れ込んで表土が崩れてしまうのを防ぐため、ワイナリー名の語源ともなった水路(カナル)を通ってため池(バッサン)に貯まるようなシステムが備わっていますが、文献によるとこれは15世紀頃から存在していたようです。乾燥時にはその水分が徐々に蒸発していき、畑に水分を供給することができます。また夏の南フランスは猛暑になりがちだが、ここでは海風のおかげで暑さが和らぐため、ムールヴェードルの房は焼けてしまうことがなく、完璧な状態で少しずつ完熟へと向かいます。自然によって守られた天然のシステム、まさに最高の立地条件と言える畑をカナデルは所有しています。 凝縮した果実味を生む特殊な土壌 一般的なバンドールのテロワールは、中生代(2億から1億年前の代)の珪土・石灰質土壌が多く、一部、三畳紀の硬い石灰質土壌の塊がある区画もあります。 バンドールはラ・カディエール・ダジュール、ル・キャストレ、オリウールと大きく3つの地区に分かれており、地区によって土壌の特徴は大きく異なります(ここでは分かりやすくするために3つとしていますが、実際はル・ボセ、サナリー・シュール・メール、サン・シー・シュール・メール、サレットも含めた計7地区に分けることができます)。ラ・カディエール・ダジュールには著名なシャトー・ド・ピバルノンやラフラン・ヴェロルといったドメーヌがあり粘土質土壌が多く、オリウールには三畳紀の石灰岩が豊富にあります。ル・キャストレやル・プラン・デュ・キャストレは、粘土石灰質に加え、マール土壌も点在しています。ここにはバンドールを代表するドメーヌ・タンピエ、そしてシャトー・カナデルがあります。 バンドールは、春から夏にかけて非常に乾燥する土地です。しかし青粘土土壌が冬の間に降った雨水を蓄積し膨れ上がり、その水分を乾燥時に少しずつ畑に与えてくれる、いわばスポンジのような役目を担ってくれます。 畑の標高があがるにつれて粘土質土壌が豊富になっていきますが、固まった青粘土質土壌が畑に眠っていることに気づいたのは数年前の土砂崩れの際でした。丘の上から大雨が流れて表土が流れてしまいましたが、そこから青粘土質土壌が顔を出したのです。おそらく古代から続く地殻変動によって隆起した青粘土質部分が隠れてしまったのでしょう。ヴィアネイも「なるほど、ここに古いムールヴェードルの樹が密集して植わっているのは、そのためだったのか」と納得したといいます。土を掘り起こしてみると、そこには青粘土はもちろんのこと、赤茶色の粘土質土壌、一部、壊れやすいが石灰質土壌も出てきます。標高が高く粘土質が豊富な場所にはムールヴェードルが、赤粘土、石灰質土壌が多くやや標高の低い場所にはグルナッシュとサンソーが植えられています。実際ワイナリーで一番標高の高いところには、昔から古木のムールヴェードルが密集しており、その区画のブドウから上級キュヴェ「アルトゥム」は造られます。 青粘土質土壌を持つワイナリーで有名なのは、シャトー・ペトリュス、シャトー・シャロン、シャトー・ディケムという、世界でも最高品質をリリースする有名なワイナリーばかりです。 ムールヴェードルのポテンシャルを最大限引き出す産地 シャトー・カナデルでは設立当初からビオロジック栽培とビオディナミを実践し、除草剤や殺虫剤などは一切使用されていません。植樹法はゴブレ式です。ド・シャトーヴュー家が購入するまで、カナデルはドメーヌ・オットへブドウを100%供給していましたが、それ以降は供給をしていません。 最高のワインを造ることを目指して、当然のように剪定、耕作、全てにおいて丁寧な仕事を行います。バンドール・ワイン委員会の規定はとても厳しく、春から夏にかけてのヴァンダンジュ・ヴェルト(青摘み)を行わなうという規定がありますが、青摘みをすることによって枝を増やせないようにし、収穫量を抑えるとともに、高い凝縮感を維持できるようにするためです。さらに、1ha当たりの株密度は、最低5000本以上という規定もカナデルはもちろんこの規定を難なくクリアしています。 ムールヴェードルはバンドールの代名詞的存在の品種で、ワイナリーでも75%ー90%の割合で赤ワインにアサンブラージュしています。この品種は非常に栽培が難しく、天候に左右されやすく、日照時間が必要なブドウです。健全な状態で収穫されたムールヴェードルはワインに素晴らしいフィネスやエレガンスをもたらします。南フランスは非常に暑いワイン産地ですが、このバンドールという地域は冷たい風が吹く場所で、それがムールヴェードルを素晴らしい状態に成熟させる大きな要因です。バンドールのこの冷たい風はブドウや表土の温度を下げる役割を果たすため、ブドウは一気に完熟せずゆっくりと成熟が進行し、ムールヴェードルを最高の状態で収穫することができるのです。

よりどり6本以上送料無料商品 バンドール ロゼ 2017 シャトー カナデル Bandol Rose 2017 CHATEAU CANADEL ロゼ ワイン フランス プロヴァンス 豊富な,2019 —— 2,500円

ロゼ

よりどり6本以上送料無料商品 ベッツィンガー シュペートブルグンダー ヴァイスヘルプスト アイスヴァイン バリック 2010 WG ベッツィンゲン 375mlBoetzinger Spatburgunder Weissherbst Eiswein Barr

WG Botzingen WG ベッツィンゲン バーデン地方で3本の指に入る歴史ある協同組合! ベッツィンゲン醸造所は1935年ベッツィンゲン村の64の家族が集いワイン造りとマーケティングを共に行う目的で設立さた協同組合で、今では約500軒のメンバーで構成されています。ベッツィンゲン村はバーデン地方で最も歴史あるブドウ産地として知られ、アルザスとシュヴァルツヴァルト(黒い森)の間に位置しています。もともとバーデン地方は貧しかったため歴史的に多くの生産者たちが組合を組織しお互いに支え合いながら機械、倉庫、設備の導入などに必要な資金を出し合って協力してきました。畑では設立当初からできるだけ自然を尊重した栽培を心がけています。バーデン地方で3本の指に入ると言われるほど高いクオリティが認められ、近年はスイスやベルギー、オランダなど欧州を中心に輸出もするようになっています。 バニラや林檎のタルトなどの焼き菓子を思わせる芳醇で甘美なフレーバー。余韻に感じるわずかなスパイス香がアクセントになっています。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン地方 / Q.m.P. / 格付け/ アイスヴァイン ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー 100% ●タイプ ロゼ・フルボディ・極甘口 / ALC度数:9.50 % ●醸造・熟成 醗酵:ステンレス・タンク 熟成:オーク樽熟成6カ月(フレンチオーク、225L、新樽比率100%) ●内容量 375ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス WG Botzingen WG ベッツィンゲン WG Botzingen WG ベッツィンゲン バーデン地方で3本の指に入る歴史ある協同組合! バーデン地方で3本の指に入るトップクラスの組合! ベッツィンゲン醸造所は1935年ベッツィンゲン村の64の家族が集いワイン造りとマーケティングを共に行う目的で設立さた協同組合で、今では約500軒のメンバーで構成されています。ベッツィンゲン村はバーデン地方で最も歴史あるブドウ産地として知られ、アルザスとシュヴァルツヴァルト(黒い森)の間に位置しています。もともとバーデン地方は貧しかったため歴史的に多くの生産者たちが組合を組織しお互いに支え合いながら機械、倉庫、設備の導入などに必要な資金を出し合って協力してきました。 畑では設立当初からできるだけ自然を尊重した栽培を心がけています。バーデン地方で3本の指に入ると言われるほど高いクオリティが認められ、近年はスイスやベルギー、オランダなど欧州を中心に輸出もするようになっています。

よりどり6本以上送料無料商品 ベッツィンガー シュペートブルグンダー ヴァイスヘルプスト アイスヴァイン バリック 2010 WG ベッツィンゲン 375mlBoetzinger Spatburgunder Weissherbst Eiswein Barr —— 3,900円

ロゼ

ラ ロゼ デュ クロ 2015 ドメーヌ デ ランブレイ La Rose Du Clos 2015 Domaine Des Lambrays ロゼ ワイン 限定セール,100%新品

P.P 96Point Domaine des LAMBRAYS ドメーヌ・ド・ランブレイ ブルゴーニュの歴史を変えた偉大なグラン・クリュ!しなやかな骨格の中に感じるフィネス溢れる極上の1本。 モレ・サン・ドニ村の特級畑【クロ・デ・ランブレイ】は1級から特級に格上げされた数少ない畑の一つです。 こちらのラ・ロゼ・デュ・クロは、偉大なグラン・クリュ「クロ・デ・ランブレイ」のピノ・ノワールを使用し造られる贅沢なロゼワイン。生産本数が少なく、しかも毎ヴィンテージ造られるわけではないという、見つけたら即手に入れたい大変稀少な逸品です。その畑のほとんどを所有する『ドメーヌ・デ・ランブレイ』が、特級畑から採れたブドウで極少量仕立てる希少なロゼワイン。 通常ほとんどがドメーヌの直販などで売られるため、めったに出回らない 【超希少な逸品】 です。 色合いは、上品に赤みがさした明るいサーモンピンクです。イチゴや白桃の瑞々しく純粋なフルーツの香りがあり、バラやピンクペッパーの香も感じられます。はじけるようなアタックから、柔らかながらもしっかりとした果実味が広がり、余韻にはピノ・ノワールならではのチャーミングな旨味が長く舌に残ります。全体としてはピュアですっきりとしたスタイルながらも、長い余韻からは偉大なグラン・クリュのエレガンスを感じとる事ができます。非常に貴重な【偉大なグラン・クリュのロゼワイン】。是非、お早目のご購入をお勧めいたします。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 ブルゴーニュ地方 / コート・ド・ニュイ地区 / モレ・サン・ドゥニ村 ●ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% ●タイプ ロゼ・辛口・フルボディ ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 *商品画像は参考になっております。お届けは商品名のヴィンテージになります。 ≫≫ *当店のヴィンテージワインに関する考え方 【ワイン通販】【通販ワイン】 【ロゼ 辛口 】 【フランス ロゼ 辛口 】 【ブルゴーニュ ロゼ 辛口 】 【ピノ・ノワール100% 】 【Domaine Des Lambrays】 【ドメーヌ・デ・ランブレイ】 【ドメーヌ デ ランブレイ】 【ラ・ロゼ・デュ・クロ】 【クロ・デ・ ランブレイ】 【モレ・サン・ドニ】 【数量限定 】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Domaine des LAMBRAYS ドメーヌ・ド・ランブレイ Domaine des LAMBRAYS ドメーヌ・ド・ランブレイ ブルゴーニュの歴史を変えた、強さとしなやかさを併せ持つ偉大なワイン。1935年のAOC制定がされて以来、ブルゴーニュで特級に昇格された畑は稀少です。クロ・デ・ランブレイはまさにそのひとつなのです!! 生産数量が極めて少ないため、希少な限定数量入荷!! モレ・サン・ドニの畑はコート・ド・ニュイのちょうど真ん中で、ジュヴレ・シャンベルタンとシャンボール・ミュジニーの中間にあります。クロ・デ・ランブレは標高250m、 コート・ド・ニュイの特級は、ほとんどがこの標高に位置しています。8,7 haにわたるクロ・デ・ランブレイは更に3つのクリマ=区画に分かれています。 ■Meix Renrier メ・ランティエ(1,6ha) :土は重たくもっとも粘土質に富んでいる土壌 ■Les Larrets レ・ラレ(4,5ha) : 東を向いた傾斜面、朝日を十分に浴びる土壌 ■Les Bouchots レ・ブショ(2,5ha) : クロ・デ・ランブレイの畑のなかでもっとも 北部に位置する畑。 コンブ・ド・モレ(Combe de Morey V字に切れる小さな渓谷) からの常にフレッシュな空気の通り道があり、同時に強い北風からは守られる位置にあります。 【クロ・デ・ランブレイ】の畑の歴史は古く、1365年シトー派修道院所有畑の中に【 Clos des Lambrays】の名前を確認することが出来ます。 1630年から当時のオーナーのルイ・ジョリー氏により、蔵および建築設備に投資し、所有者が余りに多数に渡るランブレイの畑を買収し始め、1866年新しいオーナーのアルベルト・セバスチャン・ロディエ氏の時期に買収は、ほぼ完了しました。 彼の孫に当たるカミーユとアルベルトは ≪ コンフレール・デ・シュヴァ リエ・ド・タストヴァン:Conferie des Chevaliers du Tastevin ≫ の創設者であり、かれらが第2次世界大戦 頃にクロ・デ・ランブレイの名声をより確かなものとしました。 1980年ブドウ栽培のプロであり、非常にレベルの高いオノログ(=醸造家)である【ティエリー・ブルーアン氏】がクロ・デ・ランブレイの総責任者として就任 しました。ブルーアン氏はブルゴーニュ大学で醸造学と自然科学修士号取得し、アルジェリアの農業科学技術学校にて醸造の講師を務めた後、ブルゴーニュと ジュラのINAOの技術部門コンセイユとして勤務し1980年にクロ・デ・ランブレイの 醸造長として抜擢されました。1981年4月27日にクロ・デ・ランブレイは特級に昇格され、 1996年からドイツ のフレウント・ファミリーが当蔵のオーナーになりました。 Domaine des Lambraysの畑・醸造 クロ・デ・ランブレイの畑の平均樹齢は約50年、平均収量は31hl/ha。収穫は手摘みによって行われ、選果台にて作業後、除梗は、ほぼ無しで、5つから8つ のキュヴェで畑ごとに更に細分化して醸造されます。 キュヴェゾンは15〜18日間、 第一次発酵の後、約18ヶ月間オーク樽にて熟成、新樽使用率は50%でコラー ジュなしでの澱引きを2回行います。

ラ ロゼ デュ クロ 2015 ドメーヌ デ ランブレイ La Rose Du Clos 2015 Domaine Des Lambrays ロゼ ワイン 限定セール,100%新品 —— 4,000円

ロゼ

播磨産カベルネソーヴィニヨン ロゼ 丹波ワイン 720ml 2本セット 現行ヴィンテージ Cabernet Sauvignon Rose 720ml 2bottles 京都 ロゼ ワイン 人気SALE,格安

1本当り1 780円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 播磨産カベルネソーヴィニヨンを100%使用。 ミントなどハーブ系とともにさくらんぼ、イチゴ様の香りが立ち上り、濃厚なアタック、伸びのある酸味とタンニンが特徴。 ボディ感のあるロゼワイン。 カツオのたたきからビーフストロガノフ、根菜のサラダなど幅広い料理とあわせやすい。 【テイスティングコメント】 色: 中くらいより薄めのルビー色。粘性は中程度。 香り: ミントなどハーブ系とともにさくらんぼ、イチゴ様の香りが立ち上る。奥深くにキノコなどエッセンスも感じられる。 味: ロゼワインの割に濃厚なアタック。伸びのある酸味とタンニンを感じ、余韻にイチゴのような甘さが広がっていく。ミディアムボディ。 総評: 秋の根菜類にもいけそうなボディ感のあるロゼワイン。カツオのたたきからビーフストロガノフ、根菜のサラダなど幅広い料理とあわせやすい。 ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産カベルネソーヴィニヨン100% ●タイプ ロゼ・ミディアムボディ・やや辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

播磨産カベルネソーヴィニヨン ロゼ 丹波ワイン 720ml 2本セット 現行ヴィンテージ Cabernet Sauvignon Rose 720ml 2bottles 京都 ロゼ ワイン 人気SALE,格安 —— 3,000円

ロゼ

酸化防止剤無添加スパークリング てぐみ マスカットベリーA 500ml 紋-mon-シリーズ 国産原料100%使用 6本セット 丹波ワイン 京都 ロゼ スパークリングワイン 大得価,安い

生産本数 5 000本 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 国産ぶどうを100%用い、酸化防止剤を一切使用せず濾過もせず、生詰めで作りました。ぶどう本来の複雑味や果実味、酵母の香りが豊かで、炭酸ガスを感じる酌み出しワインです。 澱や酵母、酒石などが、ぶどうの天然成分がワイン中に沈殿します。振らずに充分冷やしてお楽しみください。 *良く冷やしてから開栓してください。吹きこぼれる恐れがございます。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ ロゼ・スパークリングワイン・辛口 アルコール度数:10% ●内容量 500ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

酸化防止剤無添加スパークリング てぐみ マスカットベリーA 500ml 紋-mon-シリーズ 国産原料100%使用 6本セット 丹波ワイン 京都 ロゼ スパークリングワイン 大得価,安い —— 4,900円

ロゼ

酸化防止剤無添加スパークリング てぐみ マスカットベリーA 750ml 紋-mon-シリーズ 国産原料100%使用 3本セット 丹波ワイン MuscatBaileyA 京都 ロゼ スパークリングワイン 品質保証,大人気

1本当り1 480円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 国産ぶどうを100%用い、酸化防止剤を一切使用せず濾過もせず、生詰めで作りました。ぶどう本来の複雑味や果実味、酵母の香りが豊かで、炭酸ガスを感じる酌み出しワインです。 澱や酵母、酒石などが、ぶどうの天然成分がワイン中に沈殿します。振らずに充分冷やしてお楽しみください。 *良く冷やしてから開栓してください。吹きこぼれる恐れがございます。 【テイスティングコメント】 色: 抜栓直後の泡は微発泡とは思えない勢いがある。まるでチェリーのような鮮やかな薄紅色。クリーンで健全。粘度は軽め。ミディアムライトな微発泡ロゼ。 香り: さくらんぼやイチゴの果実香、まるでキャンディーのような甘い香り、シナモンのような香辛料も若干感じるが、お花畑にいるような居心地のよさが印象的。 味: アタックでは爽快感たっぷりの発砲が心地よい印象を与える。タンニンはほとんど感じず、しっかりした酸味と後味に残るかすかな甘みが最後までこのワインの清清しさを演出する。 総評: 料理でワインを選びピッタリくる事もあれば、シーンで選びはまる事もある。このワインは後者。気兼ねしない仲間や家族とグビグビ飲むのがウマイ!バーベキューをしながらまるでビールのように… そう!このワインはそんなお手軽感覚が美味い「アテ」。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ ロゼ・スパークリングワイン・辛口 アルコール度数:11% ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

酸化防止剤無添加スパークリング てぐみ マスカットベリーA 750ml 紋-mon-シリーズ 国産原料100%使用 3本セット 丹波ワイン MuscatBaileyA 京都 ロゼ スパークリングワイン 品質保証,大人気 —— 3,700円

ロゼ

酸化防止剤無添加スパークリング てぐみ マスカットベリーA 750ml 紋-mon-シリーズ 国産原料100%使用 6本セット 丹波ワイン MuscatBaileyA 京都 ロゼ スパークリングワイン お買い得,品質保証

1本当り1 480円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 国産ぶどうを100%用い、酸化防止剤を一切使用せず濾過もせず、生詰めで作りました。ぶどう本来の複雑味や果実味、酵母の香りが豊かで、炭酸ガスを感じる酌み出しワインです。 澱や酵母、酒石などが、ぶどうの天然成分がワイン中に沈殿します。振らずに充分冷やしてお楽しみください。 *良く冷やしてから開栓してください。吹きこぼれる恐れがございます。 【テイスティングコメント】 色: 抜栓直後の泡は微発泡とは思えない勢いがある。まるでチェリーのような鮮やかな薄紅色。クリーンで健全。粘度は軽め。ミディアムライトな微発泡ロゼ。 香り: さくらんぼやイチゴの果実香、まるでキャンディーのような甘い香り、シナモンのような香辛料も若干感じるが、お花畑にいるような居心地のよさが印象的。 味: アタックでは爽快感たっぷりの発砲が心地よい印象を与える。タンニンはほとんど感じず、しっかりした酸味と後味に残るかすかな甘みが最後までこのワインの清清しさを演出する。 総評: 料理でワインを選びピッタリくる事もあれば、シーンで選びはまる事もある。このワインは後者。気兼ねしない仲間や家族とグビグビ飲むのがウマイ!バーベキューをしながらまるでビールのように… そう!このワインはそんなお手軽感覚が美味い「アテ」。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産マスカットベリーA100% ●タイプ ロゼ・スパークリングワイン・辛口 アルコール度数:11% ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

酸化防止剤無添加スパークリング てぐみ マスカットベリーA 750ml 紋-mon-シリーズ 国産原料100%使用 6本セット 丹波ワイン MuscatBaileyA 京都 ロゼ スパークリングワイン お買い得,品質保証 —— 7,300円